Rescale: 2014 年を振り返る

2014
エンジニア
2014 年は、Rescale にとって大きな成長と発展の年でした。 私たちのチームは、エンジニア: マイリ・マクドナルド、中村ヒラク、アレックス・クドリック、マーク・ホイットニー、ケネス・チャン、運用マネージャー: サラ・ディーツ、営業担当副社長: トニー・スパニョーロ、マーケティングおよびコーポレート担当副社長を含む数人の新メンバーの追加により拡大しました。開発:シン・パン。

リスケールフォト 2014
レーストラックで勢いを爆発させる Rescale チームの数人のメンバー

プラットフォーム
今年は、 Rescaleはプラットフォーム上で新しいユーザーインターフェースをリリースしました これは、ユーザーにとってよりクリーンでナビゲートしやすいだけでなく、あらゆるジョブ タイプのジョブ固有の視覚化、コアからインスタンスへのマッピング、マルチスレッド ファイル転送を可能にする強化された転送オプションなどの新機能も含まれています。大規模なデータセットの管理が容易になります。
今年もう XNUMX つの非常に魅力的な追加機能は、公開 API です。これにより、ユーザーは Web ベースのインターフェイスを使用せずにプラットフォームにジョブをバーストできるようになります。 また、リリースしたばかりであることを発表できることを非常にうれしく思っています Rescaleでのリモート可視化 これにより、ユーザーは大規模なデータ ファイルを転送することなく、シミュレーションを視覚化し、分析できるようになります。 さらに 後処理機能を拡張しました ユーザーがジョブの終了時にクラスターを実行したままにし、クラスターに SSH トンネルしてデータの後処理を実行できるようにします。
2014 年にも 利用可能なハードウェアの種類が増える Rescale が提供するプラットフォームでは、非常に人気のある HPC+ などの多くの新しいコア タイプだけでなく、GPU や Infiniband オプションも提供されています。
確かに、昨年成長したのはハードウェアだけではありません。 今年、私たちは多くの新しいソフトウェア パートナーシップを確立しました。 ソフトウェアツールの数を拡大しました Rescale では 100 を超える商用およびオープン ソース コードを利用できます。そのうちのいくつかは、オンデマンドの時間ライセンスを提供できることを非常に嬉しく思います。
来年も楽しみなことがたくさんあります。 現在、GUI ベースの後処理オプションの組み込み、管理制御と InfiniBand 機能の拡張に取り組んでいます。
Rescale チームにとって今年は刺激的な年であり、2015 年はさらなる成長と生産性の向上を期待しています。お客様、パートナー、投資家、関係者の皆様の継続的なご支援に感謝いたします。 Rescale のスタッフ一同、素晴らしいホリデー シーズンと新年のご多幸をお祈り申し上げます。

類似の投稿