ワークスペース

Please note that this feature is only available for ScaleX® Enterprise customers, please contact your organization’s Solutions Architect or Account Executive to enable access.

ワークスペースを利用することで、企業全体のポリシーを遵守しながら、組織(オーガナイゼーション)内にチームを作り、プラットフォームポリシーの適用、ハードウェアとソフトウェアのポートフォリオの管理、そしてチームごとに独立した課金と請求を行うことができます。各チームに管理を委譲することで、ユーザーグループ、プロジェクト、リソースを管理しながら、共有ガイドラインに沿ってコラボレーションを行い、シームレスで効率的な業務を支援することができます。

ワークスペースを複数作成することにより、複数のビジネスユニットを持つ組織、多国籍チームを持つ組織、大規模な独立した機能チームを持つ組織などの多様な管理ニーズに対応することができます。

Introduction

ワークスペースの管理

デフォルトでは、Rescaleプラットフォームで作成された全てのオーガナイゼーションには、そのオーガナイゼーション用に1つのワークスペースがあります。このワークスペースはデフォルトワークスペースと呼ばれ、他のワークスペースが作成されていない場合は、全てのメンバーはこのワークスペースに所属します。

ワークスペースの作成、更新、及び削除は、管理ポータルの Administration Portal > Teams > Workspaces の画面よりオーガナイゼーション管理者のみが行うことができます。

ワークスペースの作成

オーガナイゼーション管理者は、ワークスペースのページに移動して、以下のように、New Workspaceボタンをクリックすることで、新しいワークスペースを作成することができます。

New Workspace

新しいワークスペースには、ユニークな名前と、オプションで説明のフィールドが必要です。作成されたワークスペースには、ユニークなワークスペースIDが割り当てられます。

ワークスペースの更新

ワークスペースのページから、対象となるワークスペースに移動します。ワークスペースの名前と説明の両方を変更することができます。ワークスペースの名前は、オーガナイゼーション全体でユニークでなければならないことに注意してください。

Update Workspace

ワークスペースの削除

ワークスペースのページで、削除するワークスペースに移動します。Delete Workspace ボタンをクリックすると、削除を確認する画面が表示されます。

ワークスペースを削除すると、そのワークスペースに関連付けられていたユーザーやデータは復元不可能です。

管理ポータル

ワークスペースを追加作成すると、画面左上のナビゲーションドロップダウンに、管理ポータルのエントリーが追加されます。このエントリーを使用して、オーガナイゼーションの管理ポータルと各ワークスペースの管理ポータルを移動することができます。

また、複数のワークスペースを有するオーガナイゼーションの管理ポータルを閲覧する際は、トップバナーでどの管理ポータル画面を閲覧しているかを確認することができます。

Administration Portal Navigation

オーガナイゼーション管理者の場合、オーガナイゼーション管理ポータルとワークスペース管理ポータルの両方を表示することができます。ワークスペース管理者の場合は、管理者であるワークスペース管理ポータルのみを表示できます。

オーガナイゼーション管理ポータルとワークスペース管理ポータルでは、アクセスできるページや可能な操作は異なります。

Administration Portal Differences

ワークスペースの切り替え

オーガナイゼーションのメンバーが複数のワークスペースに所属している場合、Rescaleプラットフォーム上からどのワークスペースのメンバーとして操作するかを選択することができます。これは、右上のナビゲーションドロップダウンからワークスペースを選択することで可能です。

Switching Workspaces

また、右上のナビゲーションドロップダウンには、各ワークスペースに付与された管理者権限がワークスペースIDとともに表示されます。

ユーザーと管理者

ワークスペースへのユーザーの追加

ワークスペースの新しいユーザーは、ワークスペース管理ポータルの Teams > Members ページから招待することができます。 Membersページに移動した後、このガイドで説明されているように、Eメールアドレスを使用してユーザーを招待できます。

オーガナイゼーションのメンバーは、1つまたは複数のワークスペースのメンバーとなることができます。複数のワークスペースのメンバーである場合、一旦Rescale上にログインすれば、ワークスペースを切り替えることができます。

ユーザーは、ログイン時の最初のワークスペースとなる、デフォルトワークスペースが設定されています。デフォルトワークスペースは、通常、Eメールが招待された際の最初のワークスペースです。複数のワークスペースに所属していて、デフォルトワークスペースを変更したい場合や、ログインに問題がある場合は、support-japan@rescale.com までご連絡ください。

ワークスペースからのユーザーの削除

ワークスペース管理ポータルの Teams > Members > Member > Deactivate Member より、ワークスペースのユーザーを削除することができます。Deactivate Memberをクリックすると、削除を確認するためのメニューがポップアップ表示されます。

メンバーの登録を解除すると、このメンバーのデータは永久に削除されます。

管理の委譲

ユーザーは、オーガナイゼーション全体のオーガナイゼーション管理者 (Organization Admin)、または所属するワークスペースのワークスペース管理者 (Workspaace Admin) のいずれかになることができます。オーガナイゼーション管理者のみ、他のユーザーをオーガナイゼーション管理者またはワークスペース管理者に指定することができます。

オーガナイゼーション管理ポータルの Teams > Members のページでは、オーガナイゼーションの全てメンバーと所属するワークスペースを確認できます。各メンバーのメールアドレスとワークスペースの組み合わせの横にあるチェックボックスを選択すると、オーガナイゼーションまたはワークスペースの管理者として指定できます。

Admins

Users in multiple workspaces can be designated as admins separately for each workspace.

ワークスペース間でのジョブ共有

他のワークスペースのユーザーとのジョブ共有は、同じワークスペースのユーザーとのジョブ共有と類似していますが、ワークスペースの名前を指定する必要があります。

Sharing

デフォルトでは、オーガナイゼーションまたはワークスペースの管理者のみが、ワークスペース間でジョブまたはストレージデバイスを共有できます。ワークスペース間のジョブ共有は、管理者のみでなく全てのユーザーに対して許可することができます。この場合、オーガナイゼーション管理ポータルの Policies > Platform Settings ページ中のSharing Settingsで以下のようにポリシーを有効にします。

Sharing Settings

リージョン設定

ワークスペースを使用することで、地理的に異なる場所(リージョン)にいるチームに、同じ場所にある計算機やストレージのリソースを割り当てることができます。これにより、ファイル転送速度が向上し、可視化ワークロードの遅延を最小化することができます。

ワークスペースのリージョン設定は、Rescaleのグローバルインフラネットワークがカバーするほとんどの場所で設定することができます。ワークスペースのリージョン設定をご希望の場合は、support-japan@rescale.com までお問い合わせください。