ANSYS RSM Cluster(ARC)のRescaleデスクトップからのジョブ投入

このチュートリアルでは、ANSYS RSM Clusterスケジューラを実行するRescale ARCクラスタのセットアップ方法について説明します。これにより、RescaleデスクトップからLinuxコンピュートノードへのジョブ投入が可能になります。

制限事項

  • クラウドプロバイダーの互換性により、ARCは特定のコアタイプでのみ利用可能です。
  • ARCは、プロビジョニングされたLinuxコンピュートクラスタを自動的にシャットダウンしません。そのため、ユーザは手動でクラスタを終了させる必要があります。安全のために、プロビジョニングされた計算クラスタにウォールタイムを設定する必要があります。
  • ARCは、入出力データをネットワーク経由で転送します。入出力が大きいジョブは、ファイル転送に時間がかかるため、予想以上に時間がかかる場合があります。
  • ARCはバージョン19.0以降でサポートされます。

このチュートリアルでは、ANSYS Fluent Workbench Projectを使用した例を紹介します。チュートリアルで使用する Workbench プロジェクトファイル (.wbpz) を入手するには、下の Import Workbench Project ボタンをクリックし、ジョブ送信ページの右上にある Save オプションをクリックして、このファイルのコピーを Rescale クラウド ファイルに保存してください。

手順は以下の通りです。

WorkbenchからARCクラスタにジョブを投入するには、まずRescaleジョブという形で計算クラスタをスピンアップし、その実行クラスタにジョブを送信する必要があります。

まず、ダッシュボードの左上にある+ New Jobアイコンをクリックします。ジョブに名前を付け、ソフトウェア設定ページにジャンプし、ANSYS RSM Cluster (ARC) を選択します。このチュートリアルでは、バージョン 19.1 を選択します。ここでは、入力ファイルは必要ありません。

arc-cluster-software


コマンドウィンドウのコマンドはデフォルトのままでかまいません。以下のライセンスオプションを選択します。

command window.45bed64a

次に、ハードウェアの設定ページに進み、シミュレーションを実行するハードウェア構成を選択します。また、シミュレーション終了後にARCクラスタが終了するよう、適切なウォールタイムを設定します。

specify hardware.3f0eeb33

完了したら、Submitを押してください。クラスタがスピンアップし、設定されるまでには数分かかります。live-tailing セクションを使用して process_output.log ファイルを監視してください。ログが以下のスクリーンショットのようになり、cluster_config.aregファイルが存在すれば、クラスタがジョブを受け取る準備ができたことになります。

このステップでは、次のステップに進むために必要な3つの情報を提供します。

ジョブステータスページのprocess_output.logをクリックすると、この情報を取得できます。


log-message


チュートリアルでは、process_output.logから取得したARC Clusterのログイン情報を以下のように使用します。

  • submit host ip-10-23-2-142
  • user name udev-brian_cCZzXS
  • password cCzXS

ここで、Rescaleプラットフォーム上にジョブをセットアップし、ワークベンチアーカイブファイルを添付します。このステップの目的は、Rescaleデスクトップ上でワークベンチアーカイブファイルを利用できるようにすることです。

まず、ダッシュボードの左上にある+New Jobアイコンをクリックします。ジョブに名前を付けます。Upload from this computerをクリックし、ワークベンチアーカイブが保存されている場所をブラウズしてください。ファイルを選択し、Openをクリックします。

attach wb file job.d4ec5e56

ソフトウェアの設定ページにジャンプし、選択するソフトウェアとしてBring your Own Softwareを選択します。

attach-wb-file-software

ハードウェアの選択はデフォルトのままでもかまいません。ジョブを保存します。

上部のDesktopsタブを開き、+New Custom Desktopをクリックします。Add Software タブで、ANSYS Fluent Desktop を選択し、ライセンス情報を入力します。このチュートリアルでは、Version 19d.1 を使用します。

ジョブの追加で、前の手順で作成したジョブを選択します。

fluent desktop setup.d56e46be

サーバーが起動し、ローディンググリッドが消えたら、Connect > Connect using In-Browser Desktopをクリックします。これで、リモートデスクトップが表示されます。デスクトップ上のANSYS Workbenchのショートカットアイコンをダブルクリックし、ANSYS Workbenchを起動してください。

  • Start Menu > View all Programs > RSM Configurationを開きます。
  • RSMを開いたら、+をクリックして新しいHPCリソースを追加する。
rsm configuration.45bb5b4a

HPC Resourceタブで、HPCリソースの名前を指定します。クラスタのprocess_output.logに出力された情報を使用して、サブミットホストを入力します。ドロップダウンリストからlinux-64を選択します。Applyをクリックします。

hpc resources.2de8dea3

 File ManagemenタブでRSM internal file transfer methodを選択し、クラスタ上のステージングディレクトリのパスとして $HOME/work/sharedを指定します。Applyをクリックします。Rescaleクラスターでは、共有ディレクトリはファイルを書き込むためのパーミッションがある場所です。したがって、ステージングディレクトリにsharedディレクトリを指定すると、RSMクライアントマシンから見える場所と書き込み可能な場所の両方が指定されます。

file management.82d3a72b

Queueタブで、Import/Refresh HPC Queuesボタンをクリックします。コンピュートクラスタの認証情報を入力するよう促されるはずです。process_output.logの情報を元に、認証情報を入力してください。

file management.82d3a72b 1
queue tab.f5cd0cf2

認証情報の確認後、Default キューと local キューが表示されるはずです。Apply をクリックします。クラスタのすべてのノードを利用するキューは、Default キューです。

rsm queue.85110268

Rescale DesktopAnsys Workbenchを起動します。Fileをクリックし、Restore Archiveをクリックします。Desktop > attached_jobs をブラウズします。ジョブフォルダをクリックし、ワークベンチアーカイブファイルをブラウズします。ワークベンチアーカイブファイルをクリックし、Openをクリックします。プロジェクトを開いたら、Parametersを右クリックし、Propertiesをクリックします。すると、プロパティ・ウィンドウが表示されます。

以下のように、プロパティで選択します。

parameter set properties.72af7fa3 1

Saveをクリックすると、すべての設定が保存されます。次に、Parametersを右クリックし、Update all Design Pointsをクリックします。下のステータスバーが更新されるのがわかります。Monitor Jobsをクリックすると、シミュレーションの状況を確認することができます。

update design points.9417b001
job monitor button.65fd475e

Job Monitorウィンドウが表示されます。上部のウィンドウの各行が設計ポイントを表します。行をクリックすると、下のDetailsウィンドウに詳細が表示されます。

job monitor details.881e4137

すべての設計点を解いた後,Ansys Workbench のウィンドウでパラメータをダブルクリックすると,結果が表示されます.

results.5e23ae35

Rescale DesktopANSYS Workbenchを開きます。Fileをクリックし、Restore Archiveをクリックします。Desktop > attached jobs を参照します。ジョブフォルダをクリックし、ワークベンチアーカイブファイルをブラウズします。プロジェクトファイルとディレクトリを保存します。このようなファイルは、Z:/workディレクトリ内に保存することを強くお勧めします。

下の画像は、プロジェクトの回路図の例です。ご覧の通りです。

  • システムA(500ポンド荷重)は、4つの分散コアで既に解かれていた
  • システムB(座屈解析)はシステムAに依存し、まだ解決されていない
  • システムC(800ポンド荷重)は、システムAと同じモデルですが、まだ解決していません。
  • システムD(1000ポンド荷重)は、システムAと同じモデルを共有しているが、まだ解決されていない
multi frame mechanical schematic.dd8a67d2

この例では、8コアのANSYS ARC Clusterが稼働しています。システムB、C、Dをそれぞれ4コアで解きたい。

システムBのSetupセルをクリックして、システムBのMechanical GUIを開く。左側のモデルツリーでわかるように、すべてのシステムが表示されます。Tools > Solve Process Settingsをクリックします。

multi frame mechanical tree settings.e46f9dae

Solve Process Settingsウィンドウで、Add Queueをクリックし、4-core-queueのような名前をつけます。これで、作成されたキューがハイライトされ、先ほどRSM Configurationウィンドウで作成したDefault RSM Queueを選択できるようになりました。

  • RSMキューデフォルト(作成・設定されたARCクラスタです)
  • ジョブ名:Mechanical
  • ライセンス:ANSYS Mechanical Enterprise Solver

なお、ANSYS Mechanicalをバッチで複数同時投稿する場合は、十分なライセンスシートが必要です(例:mebaライセンス機能)。

multi frame mechanical queue settings.3fbbc336

ここで、Advanced をクリックし、Max number of utilized cores4 cores を選択します。OKを押して詳細プロパティを閉じ、もう一度OKを押してSolve Process Settingsを閉じます。

multi frame mechanical advanced queue settings.cd307099

提出するには、モデルツリーでソリューション(A6)をハイライトします。次に、下の画像にあるように、Solveの隣にあるドロップダウン矢印をクリックし、先ほど作成したRSMキューを選択します。

重要なのは、Solve ボタンをクリックしないことです。これは、RSMキューを使用せず、ローカルで解きます。

multi frame mechanical submit.0467e87c

ジョブはARCクラスタに投入され、WorkbenchのJob Monitorウィンドウで監視することができます。上のウィンドウの各行は、送信を表します。行をクリックすると、その詳細がDetailsウィンドウに表示されます。

multi frame mechanical job monitor.42fe44fb

最後に、ジョブモニタのログにジョブの完了が表示されたら、ARCクラスタがまだ接続されている間に、Rescaleデスクトップ上のワークベンチ・プロジェクトにポップバックするために結果を取得することを確認します。

multi frame mechanical get results.a944467c