RSM:Workbenchチュートリアル

このチュートリアルでは、RescaleのRemote Solver Manager(RSM)を使用してANSYS Workbenchプロジェクトを解く方法を紹介します。サンプルワークベンチモデルを含むステップバイステップのチュートリアルに従うことも、インストラクションを直接自分のモデルに適用することもできます。

注:リモートソルバーマネージャー(RSM)はバージョン17.Xと18.1でのみサポートされています。

現在、RSMを使用してRescaleクラウドプラットフォームにジョブを投入するには、Rescaleデスクトップセッションを設定する必要があります。

デスクトップセッションの設定方法については、こちらのガイドをご覧ください。

ANSYS DesignXplorer

このチュートリアルでは、Rescaleをリモート計算リソースとして、リモートソルバーマネージャ(RSM)を使用してANSYS DesignXplorerのジョブを投入する方法を紹介します。ANSYS Workbenchで通常選択するオプションが、ScaleX Rescaleプラットフォームでどのようにうまく統合されているかを紹介します。

Import Workbench Projectボタンをクリックして、サンプルプロジェクトをホストするジョブを複製します。次に、ジョブの保存をクリックして、Rescaleクラウドファイルストレージにファイルのコピーを用意します。

Get Job Resultsボタンをクリックすると、RSMが投入したRescaleジョブのサンプルにアクセスし、結果を確認することができます。

  • この例では,Windows Rescale Desktop をスピンアップし,ANSYS Structures バージョン 18.1 をソフトウェアとして追加してください.
    • Rescaleは最新のバージョンを選択するので、18.1に変更するには手動でドロップダウンメニューを使用する必要があることに注意してください。
  • また、サンプルプロジェクトをホストしているクローンジョブをデスクトップに追加するか、RescaleアカウントからデスクトップWindows環境のプロジェクトファイルを直接ダウンロードすることもできます。
  • ANSYS Workbench 18.1を起動します。
  • Fileを選択し、Restore Archiveを選択して、designxplorer-sample-project.wbpzというタイトルのプロジェクトを開く。
  • プロジェクトファイル.wpbjは、Z:workディレクトリ内の任意の場所に保存することをお勧めします。
DesignXplorer Project Schematic

プロジェクトの回路図は上の画像の通りです。次に、DOEとパラメータセットの設定について説明します。これらは、すでにこのサンプルモデルに適用されていますが、このチュートリアルでは、これらの設定を確認することに注意してください。

このサンプルモデルは、荷重を受ける片持ち梁で、ウェブ長さとウェブ厚さの寸法を変化させて断面のパラメトリックな検討を行うことが目的です。

  • 1回の実行(設計ポイント0)がすでに終了していること、システム全体が最新で故障がないことに注目してください
  • 実験計画法のセルをダブルクリックして、実験計画法タブを開きます。
  • 回路図のアウトラインで実験計画法を選択し、DOE表を表示します。ワークフローの一部として、すでにプレビューを選択し、すべてを設計点として挿入しています。これは、中央合成設計スタディでは、2つの入力パラメータに対して9つの設計点が生成されます。
  • 実験計画法タブを閉じる

プロジェクトの回路図に戻り、赤いParameter Setボックスをダブルクリックして、Parameter Setタブを開きます。DOEの設計ポイントも表に表示されるはずです。

  • [重要】アップデート時に全てのデザイン・ポイントのソルバー・ファイル・ディレクトリを保持するために、下の画像に示すように、全てのデザイン・ポイントを保持することを選択しました。これは、エラーのトラブルシューティングを行う際に便利です。
DesignXplorer Project Schematic
  • Parameter Setタブを閉じる

RSMでは、3種類のデザインポイントジョブ投入方法があります。

すべてのデザイン・ポイントに対して1つのジョブを投入し、シリアル・モードで実行することができます。また、デザイン・ポイントごとに1つのジョブを投入したり、指定した数のジョブを投入することも可能です。

これらの詳細は、以下のオプションで説明します。

[オプション1】すべてのデザインポイントに1つのジョブを割り当てる。

これから、RSM送信の設定を行います。プロジェクトの回路図で、Parameter Set ボックスを右クリックして、Properties を選択します。以下のオプションは、RescaleのRSMキューを正常にセットアップするために最低限必要なものです。あとは、ワークフローに合わせます。

  • アップデートオプションをリモートソルブマネージャーに送信するように設定する。
  • RSM Queueを設定済みのRescaleクラスタキューに設定します。このチュートリアルでは、Rescale – Zinc (On Demand Pro)を選択しました。
  • ジョブ投入をすべてのデザインポイントに対して1つのジョブに設定する
    • これは、同じ計算資源上で次々と解を実行することになります
  • コンポーネント実行モードを「並列」に設定
  • プロセス数を8に設定(注:選択したクラスタRSMキューに有効なコア番号を入力する必要があります。)
DesignXplorer Project Schematic
  • これで提出できるようになりました。Parameter Setボックスで右クリックし、Update all Design Pointsをクリックします。
  • この時点で、ANSYSは要求されたリソースを使用してRescaleプラットフォームへジョブを投入します。ジョブがどのように設定されたかによりますが、下の画像に示すように、ジョブモニターでジョブの状態を確認することができます。見ての通り、1つのジョブが投入されています。ジョブIDが生成されますが、これはRescaleのジョブIDと同じになります。
DesignXplorer Project Schematic
  • Rescaleプラットフォームにジョブが投入されると、任意でその状態を監視することができます。下の画像に示すように、1つのジョブが実行されています。
DesignXplorer Project Schematic

注:このチュートリアルのRSM提出のRescaleジョブは、記事冒頭の「結果を得る」ボタンをクリックすることでアクセスし、見ることができます。

[オプション2】デザインポイントごとに1ジョブ

  • より高速なパフォーマンスを得るために、各デザインポイントに1つのジョブを投入することも可能です。SchematicのPropertiesにあるJob Submissionのドロップダウンメニューを使用して、このオプションを選択します。各ジョブは同じクラスタ構成設定を使用します。ここでは、オプション1と同じ値を使用できますが、異なるクラスタインスタンスを選択することもできます。
DesignXplorer Project Schematic
  • ジョブがRescaleに到達したら、すぐにプラットフォームアカウントに移動してジョブを確認することができます。下の画像にあるように、9つのジョブが実行されています。
DesignXplorer Project Schematic

[オプション3】指定されたジョブ数

  • 指定した数のジョブを投入するには、SchematicのPropertiesにあるJob Submissionのドロップダウンメニューでこのオプションを選択することができます。次に、要求するジョブの数を選択します。RSMは、選択したジョブ数で、設計ポイント数を分割します。
  • このチュートリアルでは、2つのジョブを選択しました。残りの設定は、選択したクラスタ構成とワークフローの好みに基づいて同じです。
DesignXplorer Project Schematic
  • ジョブがRescaleに到達したら、すぐにプラットフォームアカウントに移動してジョブを確認することができます。下の画像のように、2つのジョブが実行されています(一方は5つのデザインポイント、もう一方は4つのデザインポイント)。
DesignXplorer Project Schematic

Rescaleプラットフォームでは、ジョブをクリックして、コンピュートとソルブプロセスにアクセスし、テールすることができます。例えば、Statusタブをクリックしてジョブの進捗を監視し、リアルタイムでクラスタに関する情報を得ることができます。

5つの段階を経て正常に終了するのがわかります。Queued, Validating Input, Starting Cluster, Running Job, Stopping Clusterです。下の画像は、各デザインポイントのソリューションステータスのライブフィードバックを提供するstdout.liveファイルのスクリーンショットです。

running job status.6be81454

ジョブモニタリングについて詳しくはこちらをご覧ください。

ジョブが完了すると、結果全体が自動的にANSYS Workbenchにポピュレートバックされます。下図のようにステータスバーからJob Monitorウィンドウを開いて確認することができます。

workbench job monitor complete.a57e52a5