RSM: Structures チュートリアル

このチュートリアルでは、ANSYS Remote Solve Manager(RSM)を使用して、RescaleでANSYS Structuresジョブを投入する方法を紹介します。

このチュートリアルでは,ANSYS Mechanical APDL を使用した例を紹介します.これらはすべて,Workbench 環境を離れることなく行うことができます.

これらのチュートリアルの手順をご自身のANSYSモデルに適用することもできますし、ご希望であれば各手法のサンプルファイルを使用することもできます。Import Job Setupボタンをクリックして、ファイルをホストしているジョブをクローンします。ジョブの Saveをクリックし、Rescaleクラウドファイルにファイルのコピーを作成します。

注:リモートソルバーマネージャー(RSM)はバージョン17.Xと18.1でのみサポートされています。

現在、RSMツールをRescaleクラウドプラットフォームと連携させるには、Rescaleデスクトップセッションをセットアップする必要があります。

デスクトップセッションの設定方法については、こちらのガイドをご覧ください。

このチュートリアルでは、ANSYS WorkbenchからRescaleプラットフォームへ直接ジョブを投入する方法について紹介します。

この例では、WorkbenchのAPDLモジュールを使用した非常にシンプルなセットアップをサブミットします。以下のリンクを使用してジョブを複製し、保存ボタンをクリックして、使用するファイル(input.dat)のコピーを取得してください。

Rescaleでリモートデスクトップを起動する

この例では、カスタムWindowsデスクトップを設定し、ANSYS Structuresバージョン18.0と上記でクローンしたジョブ(RSMからのMechanical APDL Submission)を添付して、デスクトップを起動してください。

ansys desktop setup.954ea244

RSMによるジョブ投入

デスクトップ上にあるショートカットからANSYS Workbenchを起動します。


Launch Workbench

次に、File > Restore Archiveで、以前添付したワークベンチファイルをインポートします。mech_rsm_project.wbpzファイルは、デスクトップにあるattached_jobsフォルダにあります。

プロジェクトを復元する際に、プロジェクトの保存先を聞かれます。このプロジェクトは、「Desktops > attached__jobs > jobid-jobname > input」ディレクトリの外、たとえば「This PC > Documents」フォルダーに保存してください。

読み込んだら、更新が必要なステージの上で右クリックし、プロパティを選択します。右ペインにプロパティパネルがポップアップ表示されます。まず、Generalセクションで、Command line Optionsの下に -mpi ibmmpi を追加します。次に、Solution Processのセクションで、Update Optionを Submit to Remote Solve Managerに、RSM Queueを必要なコアタイプに、Execution ModeParallelに、Number of Processesを実行したいコアの数に変更します。また、Job Nameフィールドを変更し、Rescaleジョブの名前を付けることもできます。


RSM Properties

次に、同じセクションをもう一度右クリックし、更新します。まだ保存していない場合、ANSYSはWorkbenchプロジェクトを保存するように要求してきますので、保存してから送信します。

Workbenchの右下にあるJob MonitorタブでRSMへのジョブ投入をモニターすることができます。または、Rescaleプラットフォームにログオンして、ダッシュボードで新しいジョブを見つけることができるようになりました。


APDL RSM Submittedジョブが完了すると、以下のような画面が表示されます。ジョブ(とファイル)はRescaleプラットフォームにも保存され、すべてのジョブ/ファイルを整理して保存することができます。

Screen Shot 2022 10 19 at 1.58.26 PM 1

このチュートリアルでは、ANSYS Mechanical の GUI でジョブを投入する方法を紹介します。ここでは、“solve process setting”を行い、RSMキューを送信し、結果がANSYS Mechanicalに自動的に入力されるのを待ちます。

このチュートリアルの手順は、ご自身のANSYS Mechanicalモデルで適用することができますが、よろしければ、以下のリンクからサンプルWorkbenchプロジェクトファイル(.wbpz)をご利用ください。

Rescaleでリモートデスクトップを起動する

この例では、カスタムWindowsデスクトップを設定し、ANSYS Structuresバージョン18.0と上記でクローンしたジョブ(ANSYS Mechanical Example Project)を添付して、デスクトップを起動してください。

ansys desktop mech gui setup.daf44af5

ジョブキューの作成と設定

デスクトップ上にあるショートカットからANSYS Workbenchを起動します。


Launch Workbench

次に、File > Restore Archive で、以前添付したワークベンチファイルをインポートします。mechanical_example_project.wbpzファイルは、デスクトップにある attached_jobs フォルダにあります。

プロジェクトを復元する際に、プロジェクトの保存先を聞かれます。このプロジェクトは、「デスクトップ > attached__jobs > jobid-jobname > input」ディレクトリの外、たとえば「このPC > Documents」フォルダーに保存してください。

すべてのプリプロセッシングセルのステータスが完了(緑のチェックマーク)していることを確認します。この例では、座屈荷重を受ける長さ15フィートの鉄鋼製テーパーI形鋼をモデルとしています。すべてのプリプロセスセルが完了していること(緑のチェックマーク)、およびすべてのセットアップソルバの定義が完了していることを確認します。セットアップセル A5 をダブルクリックし,ANSYS Mechanical を起動します.次に、使用するカスタム RSM 解析プロセス設定を作成する必要があります。

  • ANSYS Mechanical の GUI で、上部にあるToolsSolve Process Settingsをクリックします。後者の名前のウィンドウが表示されるので、Add Queueをクリックします。
MECH GUI Solve process settings
  • RSMキューに名前を付けます。デフォルトは “Remote”ですが、コアの種類を表す名前を付けることを強くお勧めします。この例では、”Emerald”と名付け、OKを押します。新しく作成されたキューでは、その設定が右側に表示されます。
  • RSMキューで、このジョブのRescale hardware setting設定を選択します。このチュートリアルでは、Rescale Emeraldオプションを選択します。
  • ジョブ名で、ジョブ名を指定します。この名前は、送信後にRescaleプラットフォームで表示されます。
  • 次に、解析のためにチェックアウトするANSYSのサブスクリプションに対応するライセンスを選択します。ここでは、ANSYS Mechanical RSMのジョブ投入に推奨されるANSYS Mechanical Enterprise Solver (meba)ライセンスを使用することにします。このライセンスをお持ちでない場合は、ANSYS Mechanical Enterprise (ansys) ライセンスを選択してください。
MECH GUI Finished Solve process settings
  • 新しく作成したキューをハイライトしたまま、Advanced… をクリックします。
  • Max number of utilized cores:で、このジョブに要求するコアの数を選択します。この例では、4コアを要求しています。
  • Additional Command Line Arguments:で、次のコマンドを入力します。-mpi ibmmpi
MECH GUI Advanced Properties
  • OKを押して、Advanced Propertiesを離れます。もう一度 OKを押して、Solve Process Settings を終了します。

ジョブの投入とモニタリング

RSMキューを作成したら、次は投稿でプッシュします。

  • ANSYS Mechanical の GUI で、左側のツリーで Solution 状態をハイライトします。この例では、Solution(A6)とし、Solveボタンの右側にあるドロップダウン矢印をクリックします。誤って “Solve “ボタンを押すと、コンピュータから解析が行われ、RSMの設定が無視されるため、注意してください。
MECH GUI Ready to submit
  • キュー名をクリックすると、ジョブが投入されます。このチュートリアルでは、Queueの名前を “Emerald”としました。
  • これまでの手順がすべて正しく行われていれば、すぐにソリューションのプログレスウィンドウが表示されるはずです。
MECH GUI RSM solution status

Rescaleハードウェアに設定されたRSMキューは、自動的にRescaleプラットフォームアカウントに送信されます。ブラウザでRescaleアカウントに切り替えると、Rescaleプラットフォームで手動で行ったのと同じように、ジョブが進行しているのが確認できますので、ご自由にお使いください。

ジョブの状態を監視し、クラスタに関する情報をリアルタイムで取得することができますので、お気軽にご利用ください。Rescaleの “Monitor Status”に関するガイドはこちらです。

ジョブが終了すると、その結果全体が ANSYS Mechanical に入力されます。Workbenchのステータスバーの “Job Monitor”を開くと、ステータスが “Complete”に変わっているのが確認できます。また、ソリューションの状態とそのすべてのサブコンポーネントには、転送が成功したことを示す緑色の「下向き矢印」が表示されるはずです。

MECH GUI Successful completion