End-to-End Desktops

はじめに

End-to-end Desktopsは、Rescale上でシームレスなHPC体験を実現します。End to End Desktopsは、クラスタのヘッドノードにデスクトップ可視化機能を搭載したバッチ計算クラスタです。ユーザーが解析ソフトウェアから直接ジョブ設定を操作できるユーザーインターフェイスを提供します。

End-to-End Desktopsの特徴

  • バッチジョブの投入をインタラクティブに操作できるようになります。オンザフライでジョブを監視することができます。
  • 自動化されたプロセスにより、クラスタ全体にバッチジョブの投入を分散させることが可能
  • いつでも解析を一時停止し、ジョブの入力やパラメータを編集して、解析を再開または再実行することができます。
  • シミュレーション中や終了直後のジョブ結果を滞りなく確認可能
  • バッチジョブからDesktopセッションへ、またはその逆も自動的に同期されます。
  • 可視化のための追加料金はかかりません

主な注意事項

  • デスクトップセッションは、CentOS Linux
  • ファイルはデスクトップセッションのワークディレクトリに同期されます
  • クラスタをシャットダウンするには、ユーザーが明示的にジョブを終了させる必要がある
  • セッションファイルはワークフォルダに保存し、その後プラットフォーム上の「Results」のジョブファイルにアップロードする必要があります

ソフトウェア

End to End Desktopsは、現在、次のようなものがあります。

  • ANSYS Fluent
  • ANSYS CFX
  • ANSYS Mechanical
  • ANSYS Electronics
  • Simcenter STAR-CCM+

チュートリアル

NICE DCVを使用したEnd-to-Endデスクトップへの接続(推奨)

以下の手順は、エンドツーエンドのデスクトップをNICE DCVに接続するためのものです。

End-to-End Desktopsジョブが起動すると、NICE DCV Web Clientに接続できるようになります。Webクライアントを起動するためには

  • ジョブ送信の進捗状況を確認するには、[ステータス]タブに移動します。
  • 画面右上の「接続」をクリックします。End-to-End Desktops用のインブラウザデスクトップセッションが開きます。
nice-dcv-web-client-connect.png

注意:待ち時間を短縮するために、WebクライアントではなくNICE DCVのローカルクライアントに接続します。

NICE DCVのローカルクライアントを起動するためです。

  • NiceDCVクライアントのダウンロードとインストール
  • ジョブ投入の進捗状況を確認するには、[ステータス]タブに移動します
  • 画面右上の接続の横にあるドロップダウンの矢印にカーソルを合わせ、ローカルクライアントを使用して接続をクリックします。
nice-dcv-local-client-connect.png
  • 接続ファイルをダウンロードし、開く
  • 表示されたパスワードでログインする

VNCクライアントによるEnd-to-Endデスクトップへの接続

以下の手順は、ローカルのWindowsマシンをエンドツーエンドデスクトップに接続するためのものです。ローカルのLinuxまたはMacOSワークステーションからsshで接続する方法については、ここを参照してください。

PuTTYgenを使用して、公開鍵/秘密鍵ペアを生成することができます。PuTTYは、Mac OSXのTerminalアプリケーションとほぼ同じ機能を持つ、無料のオープンソース端末エミュレータです。PuTTYは、ここからダウンロードできます。PuTTYgenユーティリティは、PuTTYクライアントのインストールに付属しています。

PuTTYgenでSSH鍵を生成するには、以下の手順で行います。

  • PuTTYgenプログラムを起動します。
  • 生成する鍵の種類は、メニューバーの「鍵」で「SSH-2 RSA」を選択します。
  • 生成ボタンをクリックします
  • プログレス バーの下の領域でマウスを動かして、鍵生成アルゴリズムにランダム性を与えます。プログレスバーが一杯になったら、PuTTYgen は鍵ペアを生成しました。
putty-generate-key.png
  • 秘密鍵を保存するボタンをクリックすると、秘密鍵が保存されます。アクセス可能な場所に保存してください。
  • コマンドプロンプトで簡単にアクセスできるように、Pageantを使用してSSHキーを保存することをお勧めします。
putty-copy-key.png
  • OpenSSH authorized_keys ファイルに貼り付ける公開鍵」と書かれたテキストフィールドを右クリックし、「すべて選択」を選択します。
  • 同じテキストフィールドでもう一度右クリックし、「コピー」を選択します。
  • Rescaleプラットフォームのアカウントページで、右上にある@rescale.comボタンをクリックします。
  • ドロップダウンメニューから「アカウント」を選択します
  • ページの左側にある「ジョブ設定」オプションをクリックします。
AccessJobSettings.png
  • 公開鍵の内容をコピーしたら、SSH公開鍵フィールドに公開鍵の内容を貼り付けます。保存]をクリックすると、すべてのフューチャークラスタにSSHでアクセスできるようになります。
  • Access Restriction (CIDR range)フィールドでは、どのIPアドレスがクラスターにアクセスできるかを選択することができます。Everywhere]または[My Current IP Address]のオプションは、プルダウンメニューから自動的に設定することができます。また、Access Restriction (CIDR) rangeテキストフィールドを直接編集して、独自のカスタムCIDR (Classless Inter-Domain Routing) ルールを指定することもできます。
  • Windowsでは、SSHクライアントとしてPuTTYを使用し、Rescale上のクラスタに接続することができます。
  • クラスタをプロビジョニングすると、[Status]タブの[Job Logs]ウィンドウに、システム上のジョブのユーザ名とクラスタのヘッドノードのパブリックIPアドレスが表示されるメッセージが表示されます。メッセージは次のように表示されます。
job-logs.png
  • この例では、ジョブユーザーは uprod_qpWia で、パブリック IP アドレスは 107.23.132.81 です。この情報は、PuTTYを使用する際に必要となります。マシンにログインするには、次の手順に従います。
  • PuTTYプログラムを起動する
  • ホスト名(またはIPアドレス)]フィールドに、RescaleクラスターのパブリックIPアドレスを入力します。
  • 左側のカテゴリーパネルで、SSHセクションを展開し、認証(Auth)の設定を公開します。
putty-config-connect.png
  • Authをクリックすると、SSH認証に関する設定が表示されます。
  • 認証用秘密鍵ファイル]の[参照]をクリックし、以前に作成した秘密鍵ファイルを選択します。
putty-config-auth.png
  • トンネル]をクリックすると、ポートフォワーディングの設定が表示されます。
  • Source portとDestinationを入力します。送信元ポートは5900または5901のどちらかでなければなりません。
    • Source port5900 or 5901
    • Destinationlocalhost:5900 or localhost:5901
  • 追加]をクリックして、このポートをsshトンネルの設定に転送します。
  • 開く]をクリックして、Puttyターミナルセッションを開始します
ssh-tunnel-for-vnc.png

初めてクラスタに接続したとき、ホストのキーがレジストリにキャッシュされていないことを警告する PuTTY Security Alert が表示されることがあります。これは通常の警告ですので、心配しないでください。続行するには yes をクリックします。

以下の手順でログインしてください。

  • login as: プロンプトで、ユーザー名(例:uprod_qpWia)を入力し、Enterキーを押します。
login as: uprod_qpWia  Authenticating with public key "rsa-key-1234"  Passphrase for key "rsa-key-1234":
  • これで、あなたのマシンにログインしたはずです

ログインしたら、vncpasswdコマンドを使用してユーザーパスワードを設定することができるはずです。パスワードの入力と確認のプロンプトが表示されます。さらに、閲覧のみのパスワードを設定するかどうか尋ねられます。このステップでは、「いいえ」と答えてください。

-bash-4.2$ vncpasswdPassword:Verify:Would you like to enter a view-only password (y/n)? n

この例では、VNC Viewer を使用します。VNC Viewer は、https://www.realvnc.com/en/connect/download/viewer/ にあります。または、任意のVNCクライアントを使用することができます。

  • VNC Viewerを開く
  • localhost:5900/5091に接続connect-to-localhost.png
  • vncpasswdで設定したパスワードを入力します。enter-vnc-password.png
  • VNCクライアントのウィンドウに、以下のようなLinuxデスクトップセッションが表示されるはずです。
  • 注意:VNCセッションを開くには、SSHセッションを開いたままにしておく必要があります。vnc-session.png