1.1X Rescale CLI FAQ

Rescale CLIのデフォルトは、米国プラットフォームplatform.rescale.comです。その他のグローバルプラットフォーム(EU、JP、KR、ITAR)のユーザは、CLIコマンドで-Xフラグを使用して、地域プラットフォームを指定してください。例えば、以下のようになります。

PLATFORM
CLI COMMAND
EUrescale-cli -X https://eu.rescale.com submit -p <api-token> -i <input-script>
Japanrescale-cli -X https://platform.rescale.jp submit -p <api-token> -i <input-script>
Korearescale-cli -X https://kr.rescale.com submit -p <api-token> -i <input-script>
ITARrescale-cli -X https://itar.rescale.com submit -p <api-token> -i <input-script>

アップロード中、各ファイルが正常にアップロードされると、そのことを示す標準出力が表示されます。ユーザーはこの出力をログファイルにリダイレクトして、アップロードが成功したことをすべて記録することもできます。

rescale-cli upload -p <api-token> -f <file1> ... <fileN> > upload.log

デフォルトでは、アップロードコマンドはアップロードされたファイルの限られたメタデータのセットを返します。拡張されたメタデータを見るには、uploadコールで-eフラグを使用します。

rescale-cli upload -p <api-token> -f <file1> ... <fileN> -e

最後に、CLIがより大きなスクリプトに組み込まれている場合、コマンドからの非json出力を抑制するために–quietフラグを使用することが有用です。これにより、レスポンスの解析が容易になります。

rescale-cli --quiet upload -p <api-token> -f <file1> ... <fileN> -e

指定可能な高度なJavaシステムプロパティがいくつかあります。

rescale.loglevel (TRACE, DEBUG, INFO, WARNING, ERROR, OFF)https.proxyHosthttps.proxyPorthttps.proxyUserhttps.proxyPassword

デフォルトでは、すべての引数はCLIに直接渡されますが、引数の前に-Jを付けることによって、JVMに意図された引数を提出することができます。

これらの引数はJavaでは-D(define)フラグになるので、rescale-cliラッパーでは-J-Dで渡されることになる。

例えば、DEBUGログをオンにして、proxy.com:8888をプロキシサーバーとして使用する場合は、以下のコマンドで実行できます。

rescale-cli -J-Drescale.loglevel=DEBUG -J-Dhttps.proxyHost=proxy.com -J-Dhttps.proxyPort=8888 status -p <api-token> -j <job-id>

注意:-J-Dとシステムプロパティの名前の間にスペースはありません。

プロキシが Windows 認証を必要とする場合、https.proxyUser および https.proxyPassword システムプロパティを設定することができます。https.proxyUserの値には、DOMAINのユーザ名を設定する必要があります。https.proxyPasswordプロパティには、そのユーザーのWindowsパスワードを設定することができる。コマンドラインにパスワードを埋め込みたくない場合は、このプロパティを省略することができ、CLI の起動時にコンソールでパスワードを入力するよう促されます。