Itasca FLAC3D の例

概要

FLAC3D(3次元連続体の高速ラグランジュ解析)とは 数値モデリング 土壌、岩石、地下水、構造物、および地面支持体の地盤工学的解析のためのソフトウェア。 このような分析には、エンジニアリング設計、安全率の予測、研究とテスト、故障の逆分析が含まれます。

FLAC3D は、複数のステージで構成され、大きな変位とひずみを示し、非線形の材料挙動を示し、または不安定なモデル (広い領域での降伏/破損、または完全な崩壊のケースを含む) の複雑な挙動を捉える明示的な有限体積定式化を利用します。 )。

このワークフローでは、Rescale の ScaleX エンドツーエンド デスクトップを使用して、Apptainer/Singularity から GUI に FLAC3D を起動できます。 コンテナ.

図 1: GUI からの FLAC3D

このジョブをインポートする テンプレートとして保存するか、以下の手順に従って独自のテンプレートを手動で作成します。

Rescale ScaleX での初めての FLAC3D 画像ファイルの作成

BYO シンギュラリティ/Apptainer をエンドツーエンドで起動する リスケールで。

必要に応じて、起動前に入力ファイルを添付するか、ノードの起動後にノードにダウンロードします。

図 2: FLAC3D ハードウェア設定
  • 端末ウィンドウを開きます。  
  • Singularity 定義ファイル (flac3d.def) と同じ場所にディレクトリを変更します。
    • cd ~/work/shared
  • 次のコマンドを実行します。
    singularity build --fakeroot flac3d.<insert version #>.sif flac3d.def
  • 実行が成功すると、ファイル flac3d. .sifが作成されます
    • ターミナル ウィンドウで次のコマンドを実行してファイルをテストします。
      xhost +
      singularity exec flac3d.sif /opt/itascasoftware/v700/flac3d700_gui.sh
  • ジョブをシャットダウンする

テンプレートの作成

以下の詳細をガイダンスとして使用して、新しいテンプレートを作成します。

Code特異性
説明これは Linux 計算ノード上で FLAC3D を起動します。
起動後にターミナル ウィンドウで次の行を実行します。
xhost +
cd ~/work/shared
export SINGULARITY_HOME=$HOME/work/shared

export SINGULARITY_WORKDIR=$HOME/work/shared
singularity exec -c flac3d.<version>.sif /opt/itascasoftware/v700/flac3d700_gui.sh
入力ファイルflac3d.<version>.sif
Suggested Hardwareマラカイト / 32コア

FLAC3D を起動する必要がある場合は、いつでもテンプレートを使用してください。仮想デスクトップを使用してマシンに接続し、ターミナル エミュレーターを開きます。 上記のコマンドを実行して FLAC3D GUI を起動します。

FLAC3Dバージョンの更新

と同じ手順に従います Rescale ScaleX での初めての FLAC3D 画像ファイルの作成 バージョンごとに個別の .sif ファイルを構築します。 適切なバージョンの FLAC3D を参照するように、Singularity 定義ファイルを必ず更新してください。

特異点定義ファイルのリファレンス

以下のテキストをファイル flac3d.def に保存します。

Bootstrap: docker
From: ubuntu:focal
%labels
    MAINTAINER Itasca
    WHATAMI Itasca Software (Ubuntu 20.04 LTS) Container
%post
	# Non interactive installs
        export DEBIAN_FRONTEND=noninteractive
	# Mount points
        mkdir -p  /data /projects /scratch
        # Resynchronize the package index
	apt-get -y update
	# Upgrade to newest packages
	apt-get -y upgrade
	# Installing language pack
        apt-get install -y locales language-pack-en
	# Add Universe repository and dependencies
        apt-get install -y software-properties-common
        add-apt-repository universe
	# Compilers and Utilities 
	apt-get install -y vim nano tar unzip bash-completion debianutils build-essential manpages-dev gfortran sudo wget
	# X11 and Others
	apt-get install -y libxext6 libxrender1 libxtst6 libxi6 xorg libcanberra-gtk-module libcanberra-gtk3-module packagekit-gtk3-module libnss3 
		
	# Download deb		
	wget https://itasca-software.s3.amazonaws.com/itasca-software/v700/itascasoftware_700.146.deb -P /root/
	# Install Itasca Software
	apt-get install -y /root/itascasoftware_700.146.deb
	# Clean up
	rm -f /root/itascasoftware_700.146.deb