Rescale、ANSYS ソフトウェアと Elastic ライセンスをプラットフォームに導入

ansysblogライセンス
カリフォルニア州サンフランシスコ – Rescale と ANSYS は、ANSYS のエンジニアリング シミュレーション ソフトウェア スイートのユーザーに、Rescale のスケーラブルなターンキーのクラウドベース プラットフォームでシミュレーションを実行できる機能を提供する戦略的パートナーシップを発表できることを嬉しく思います。 ANSYS のクラウド コンピューティング向けの新しい Elastic Licensing は、ユーザーが従量制ライセンスを購入できるようにするもので、Rescale でホストおよびデプロイすることができます。また、ANSYS ユーザーは、独自の従来のリース ライセンスや支払い済みライセンスを使用することもできます。
ANSYS は、構造力学、数値流体力学 (CFD)、電磁気学、陽解力学、およびこれらの物理学の組み合わせを含む物理学の全範囲にわたるシミュレーション主導の製品開発ツールを提供します。 現在、これらのツールのうち XNUMX つ (CFX、CHEMKIN-PRO、Fluent、 HFSS、Maxwell、Mechanical) は、Rescale の強力なターンキー シミュレーション プラットフォームで、事前設定および最適化された状態で利用できます。 ANSYS ユーザーは、任意のブラウザを通じて Rescale プラットフォームにアクセスすることで、60 以上の拠点にある 25 以上のデータ センターからなる Rescale のグローバル マルチクラウド HPC ネットワーク上で高度なエンジニアリング シミュレーションを簡単に実行できます。 エンジニアは、数千のコアにスケールアウトし、経済的な HPC 構成から最先端のベアメタル システム、低遅延の InfiniBand 相互接続、最新の Intel および NVIDIA チップセットまでのオプションを使用して、ANSYS スイートのさまざまなニーズに最適化されたハードウェア構成を選択できます。 。
従量課金制のノーコミットメント ハードウェアと ANSYS Elastic Licensing により、動的な HPC リソースがエンジニアリング企業が直面するシミュレーション負荷の変動に確実に対応できるため、製品設計サイクルの短縮と IT の機敏性の向上が可能になります。 「お客様は、当社のターンキー ソリューションと従量課金制ハードウェアが提供する柔軟性を気に入っており、その柔軟性を ANSYS ソフトウェア ユーザーにも拡張できることに興奮しています。 アジャイル リソースは、相互の顧客がコンピューティングとシミュレーションを利用して、幅広い業界にわたって新しいイノベーションをより迅速に推進するのに役立ちます」と Rescale の共同創設者兼 CEO の Joris Poort 氏は述べています。 さらに、企業は、Rescale の組み込み管理およびコラボレーション ツールを活用して、リソースを管理し、設計ポートフォリオ全体の結果を向上させることができます。また、組み込みのエンタープライズ グレードの暗号化、SOC2 準拠、セキュリティ機能などのクラス最高のセキュリティ機能を信頼できます。 ITAR準拠のプラットフォーム。
ANSYS のエンタープライズ ソリューションおよびクラウド担当副社長である Ray Milhem 氏も、柔軟性の重要性を強調し、次のように述べています。 今回、当社のソフトウェアを Rescale で Elastic Licensing で利用できるようにすることで、プロジェクトのタイミングに合わせてシミュレーションとハードウェアを柔軟に拡張するオプションも提供します。 エンジニアはこれまで以上に大きな力と柔軟性を手に入れることができます。」
Rescale について
Rescale は、クラウドにおけるハイパフォーマンス コンピューティング シミュレーションとディープ ラーニングの世界的リーダーです。 Global Fortune 500 から信頼されている Rescale は、世界のトップの科学者やエンジニアが最も革新的な新製品を開発し、画期的な研究開発をより迅速かつ低コストで実行できるように支援しています。 Rescale のプラットフォームは、従来の固定 IT リソースを、世界最大かつ最も強力なハイパフォーマンス コンピューティング ネットワーク上に構築された、柔軟なハイブリッド プライベートおよびパブリック クラウド リソースに変換します。 Rescale の製品とサービスの詳細については、次のサイトをご覧ください。 .