エンドツーエンドのワークフロー自動化のための計算パイプライン

計算パイプライン (CP) は、複数のコンピューティング タスクのワークフローを構築、標準化、自動化するための新機能です。研究開発のエンドユーザーとリーダーは、個々のコンピューティング ジョブに対してソフトウェアとハ​​ードウェアの特定の構成を設定し、それらを特定のシーケンスまたは条件付きロジックで連鎖させることができます。

研究開発プロセス、特にマルチステージ コンピューティング ワークフローでシミュレーションとモデリングを利用する組織は、CP を使用して、エンジニアリング効率を向上させながら、分析の速度と洞察を得るまでの時間を短縮します。標準化された CP ワークフローは、個別の手動ジョブ実行の複雑さを抽象化し、必要に応じて新しいツールに交換するための再現性とモジュール性を可能にします。

計算パイプラインは、すべての顧客がプライベート ベータ版で利用でき、Rescale ソフトウェア カタログの実行ツールを通じて実装できます。 ネクストフロー, ダッソー アイサイト, シーメンス HEEDS, Ansys OptiSlang、 Optimus* (* Elastic Cloud Workstation でのみ利用可能)。

詳細については、デモをご覧ください。 自動車ブレーキ解析のワークフロー 私たちのリソースセンターにあります。