Amogy社 クラウド特化型のHPCによって持続可能な大型輸送のためのクリーンエネルギーテクノロジーを加速

rescale amogy

輸送の排出ガス問題を解決へ

現在の大規模な重量物輸送は年間の温室効果ガス排出量の10%を占めています。Amogyのようなクリーンエネルギー企業は、先進の工学テクノロジーを使用して炭化水素の代替エネルギーを開発しており、そのソリューションの将来性に期待が集まっています。AmogyのCEOを務めるSeonghoon Woo氏とマサチューセッツ工科大学の博士が共同で設立したチームは、航空機、列車、トラック、船舶の燃料となるアンモニアベースの電力システムの設計に着手しました。Amogyのソリューションは、水素燃料電池の先進テクノロジーと燃料源としてのアンモニアの優位性を組み合わせて利用しています。Amogyは、現行の自動車に簡単に組み込むことができるターンキークリーンエネルギーソリューションの提供を目指しており、これによって2040年までに世界の温室効果ガス排出量の10%を削減できると見込んでいます。

求められる計算とエンジニアリングのスピード

炭化水素燃料に依存する産業界に革命を起こすには、効率的で経済的なソリューションが求められます。このために、Amogyはハイパフォーマンスコンピューティングを使用して、計算科学的手法を用いた研究を重点的に進めています。Amogyのエンジニアは、いくつものモデルをさまざまなパラメータを使用してさまざまな条件下で検証しています。例えば、同社のチームはこの手法によって、リアクタにおけるアンモニアから水素への変換プロセスを最大限に効率化する最適な設計を決定しています。

Screen Shot 2022 03 09 at 10.02.35 AM
Pictured: Amogy simulating prototype CFD performance
Screen Shot 2022 03 09 at 10.03.33 AM
Pictured: Amogy ammonia-powered battery solution onboard a
drone

Amogyのシミュレーションが大規模化し、高い忠実度が求められるようになるにつれ、研究開発の厳しい納期を守るためにハイパフォーマンスコンピューティングソリューションが必要となっていました。Seonghoon Woo氏は、Amogyのアプローチについて次のように述べています。「シミュレーションとモデリングは、大規模輸送業界を変革するために必須であり、特に大規模なプロジェクトでは欠かすことはできません。ハードウェアを拡張するにはコストと長い期間がかかります。そのため、製品設計の効果の実証や小さな変更のテストを事前に行うことが重要です。」

研究開発を加速させるユーザーを中心としたソリューション

待ち時間と解決まで時間の長期化が生産性の障害となっていた中で、Amogyのチームは迅速に導入できるクラウドベースのソリューションを検討することになりましたAmogyは高度な研究開発に注力するために、大規模なITサポートを必要とせずに、最先端のコンピューティングインフラストラクチャを運用できることを求めていました。Woo氏は、エンジニアリング部門の生産性を向上する重要な目的について次のように説明しています。「Amogyのエンジニアリング部門で求められる分野は、化学、電気、機械など多岐にわたるため、利便性に優れ、多様なユースケースに対応できるターンキーソリューションが必要でした。」シミュレーションエンジニアのChris Stanczak氏は、AmogyはいくつものクラウドHPCの選択肢を評価した結果、総合的なユーザー

エクスペリエンスに最も優れた、サービスとしてのHPCソリューションであるRescaleを選択したことを明かし、次のように述べています。「スピード、コスト、信頼性、簡便性の全てを兼ね備えたソリューションを必要としていたことが、Rescaleを選んだ理由です。」