Arrival、最新のサスティナブルな製品開発をRescaleで推進 

Screen Shot 2021 12 15 at 8.58.35 AM

業界全体をゼロから見直す

Arrival は、自動車業界の製品とサービスをより持続可能なものへと移行させることを目指していましたが、そのためには独自のアプローチが必要でした。同社は、ラピッドエンジニアリングデザイン内に専門のエンジニアチーム「RED-CAT」を結成し、幅広いシミュレーション技術を駆使して、より堅牢な自動車の製造とエンジニアリングプロセス全体の最適化のための新たな方法を模索しました。 RED-CAT は、複雑な計算ニーズに対応するために、Rescale プラットフォームを利用して、CAE(コンピューター支援エンジニアリング)ワークフローの最適化と高速化を行いました。

最新で、データ連動型の製品開発を推進するソリューション

自動車の開発方法を全面的に見直すためには、膨大な数の素材、設計、プロセスの組み合

わせを検証する必要があります。安全性、耐久性、空気熱に関する最重要の製品シミュレーションには、膨大なデータセットと計算能力が求められます。 Arrival は、業務の俊敏性と 財 務 の 柔 軟 性 を向 上し、コラボレーションを強化するためにクラウドを活用することを検討していましたが、高度なワークフローの立ち上げやクラウドでのインフラストラクチャーのナビゲーションに関する新たな課題も浮かび上がりました。

クラス最高の車両を市場に迅速に投入するために、Arrival は Rescale を選び、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)の運用で、優れたスピード、効率性、信頼性を実現しました。 RED-CAT チームは、新人エンジニアでも簡単に習得でき、すぐに実施できる HPC シミュレーションプロセスを必要としていました。LS-DYNA、STAR-CCM+、OptiStruct などの特定のシミュレーションアプリケーションごとに、Rescale のプラットフォーム・インテリジェンスは、複数の主要クラウドサービスプロバイダーの中から最もコスト効率の高いハードウェアを選択するためのデータを RED-CAT チームへ提供します。 Arrival のワークロードのいくつかでは、400% の計算スループット向上をわずか 30% のコスト増加で実現させることができました。さらに、オンデマンドライセンスや既存のクラウドストレージとの統合など、Rescale の柔軟なオプションを活用することもできました。RED-CAT のバイスプレジデントである Nathan Baker 氏は次のように述べています。 「Rescale プラットフォームにより、Arrival は急増する計算ニーズに対応でき、ハイフィデリティモデルをより迅速に実行し、会社全体のコラボレーションを向上できました。」

R&D のイノベーションの全社的な統一

Arrival のような急成長を続けている多くの企業は Rescale を活用し、社内のいくつものチームやプロジェクトに、拡張性と信頼性に優れ、管理が容易な HPC を導入しています。 RED-CAT は現在、Rescale を使用して、バス、小型トラック、乗用車などのいくつもの製品のエンジニアリングワークフローを最適化および自動化しています。 Arrival では、Rescale を使用するユーザーが増加し、コラボレーションと安全なデータ共有の必要性が高まりましたが、統合されたエンタープライズ向けのHPC 管理機能の優れた効果がここでも実証されました。40人以上のエンドユーザーは、最新のハードウェアやソフトウェアに柔軟にアクセスでき、管理者は各プロジェクトの支出、ユーザーアクセス、進捗状況、効率性を容易に把握できます。Arrival は、新製品やマイクロファクトリーの立ち上げを進めていますが、エンジニア、デザイナー、ビジネスリーダー、技術者などのあらゆる関係者が、SoR(記録のシステム)を共有し、研究開発の探求とイノベーションの限界を取り除いています。