マルチステップのシミュレーション研究開発ワークフローを自動化する計算パイプライン

ローコード ワークフロー自動化ツール Nextflow との統合を使用して、複雑なコンピューティング ワークフローを自動化する方法を示す Rescale プラットフォームのデモ。

デモの概要

Rescale の計算パイプラインは、複雑なコンピューティング ワークフローを自動化し、手動ステップを削減し、洞察を得るまでの時間を短縮することで研究開発を合理化します。計算パイプラインを使用すると、個々のタスクを標準化および自動化でき、エンジニアリングの速度、精度、全体的な生産性が向上します。この機能はさまざまな業界やツールに適用できます。例として、このデモでは自動車のワークフローを取り上げ、計算パイプラインがブレーキ設計と振動 (FEA) 解析をどのように大幅に改善できるかを示しています。 Rescale の統合 ネクストフロー ローコードのワークフローの構築と自動化が可能になり、モジュール性と条件付き実行が向上します。