Vertical Aerospace社、Rescaleのクラウドファーストの戦略を活用し、アーバンエアモビリティの先駆者に

Vertical Exterior Runway Clean RR 040621 2

Vertical Aerospace社は、都市型の電動垂直離着陸タクシー(eVTOL)を市場に投入するためにエンジニアリングの人材とデジタルケイパビリティに多額の投資を行っており、その結果、競争優位性を獲得しています。Vertical Aerospace社の開発チームは、自動車や航空宇宙分野の最先端のデジタル研究開発技術を応用し、シミュレーションとハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)を活用しながら、開発中の電動垂直離着陸機の空力特性、バッテリー性能、ロータードライブトレインの効率性を向上させています。

Vertical Aerospace社のCIOであるMadhu Bhabuta氏は、「新しい電動垂直離陸機を開発するためは新しいツールが求められます。オンプレミスのコンピューティングシステムなど従来のツールでは迅速に開発を進めることはできず、費用対効果も劣ります」と説明しています。同社は早くからクラウドファースト戦略を採用しており、HPCの運用を自動化および最適化するためのプラットフォームを求めていました。「クラウドは当社のビジネスの基盤です。クラウドHPCテクノロジーを利用することは、航空宇宙分野の最も困難な問題を解決するためのグローバルな専門知識を利用できることにつながります」とBhabuta氏は付け加えています。

エンジニアリングの効率性の向上と製品開発の迅速化

Vertical Aerospace社は、RescaleのScaleXプラットフォームを評価し、さまざまな研究開発シミュレーションアプリケーションをテストすることで、計算負荷の高い多様なワークロードに対応できるかどうかを確認しました。Bhabuta氏は次のように述べています。「研究開発への投資から最大限の成果を引き出し、エンジニアの生産性を高めることができれば、最終的に目標をより早く達成できます。当社は、シミュレーションを期待するスピードで実行できていないことを認識しており、シミュレーションを劇的に加速する方法を検討していました。オンプレミスのHPCインフラストラクチャを追加するには多額の資金が必要となる上、コンピューティングのニーズが変化し続けている当社の環境にも適してしませんでした。さまざまなスケールとボリュームのワークロードを効果的に管理し、研究開発のワークロードに費用対効果に優れる方法で対応できるソリューションが必要でした。」