ライフサイエンスにおけるクラウドコンピューティングの利用

遺伝子工学、創薬、感染症伝播、バイオシークエンシングなどのライフサイエンスアプリケーションには、大きな計算を必要としています。Rescaleのクラウドプラットフォームと先進のコラボレーションおよびデータ転送ツールを活用することで、科学者は高度なシミュレーションを実行するために必要な事実上無制限のリソースにアクセスできます。

主要なライフサイエンス企業がRescaleから受ける恩恵

開発の迅速化

マルチフィジックスのシミュレーションは、現代の製品開発において重要です。Rescaleを利用することで、イノベーションと製品開発化までの時間を短縮します。

詳細情報

セキュアなワークフロー

エンド・ツー・エンドの暗号化と最新の認証によりRescaleはお客様のデータに安全な環境を提供します。

詳細情報

包括的なHPCの管理

RescaleのScaleX Enterpriseは、HPCリソース、チーム、予算のすべてを包括的に監視して管理します。

詳細情報

お客様事例: University of Kansas

ナノ流体工学を中心としたカンザス大学のバイオテクノロジー分野の研究者は、ナノ潤滑分析に必要な大量のデータを処理するために巨大な計算資源を必要としています。オープンソースの分子動力学ソフトウェアLAAMPSを使用して、研究員のEric Lee氏は次のことを達成しました:

実行時間の短縮

実行時間を4日から12時間未満へ大幅短縮

拡張性の向上

Rescaleのエキスパート技術チームからのシミュレーションセットアップのための迅速なテクニカルサポート

効率性の向上

特定の分子シミュレーションニーズに合わせてHPCリソースをカスタマイズ

ライフサイエンス業界のプロフェッショナルのためのHPCリソース

Case Study – AZothBio Accelerates New Drug Discovery Using Deep Learning on Rescale

The team of researchers, scientists, and engineers at AZothBio bring rich experience from their backgrounds in life sciences, biotechnologies, and pharmaceuticals. Their mission is to combine their expertise to catalyze new drug discovery and bring more competitive products to more patients. When conducting their research and development, AZothBio uses digital tools and proprietary artificial intelligence…