マルチクラウドハイブリッドソリューション

従来型のオンプレミス環境からアジャイルでハイブリッドなITインフラストラクチャへのトランスフォーメーション

Rescaleのエンタープライズ向けのビッグコンピュートプラットフォームには、ソフトウェア定義のマルチクラウドストレージとデータ管理機能が一式含まれています。このプラットフォームは、ワークロードに特化した最適なストレージを提供し、クラウドでのデータの取得、処理、可視化を容易にします。

業界を代表する多くの企業がクラウド戦略を取り入れ、競争を有利に進めています

ワークフローに即応するマルチクラウドストレージ

基本的なワークフローやマルチステップのワークフローに合わせて、ジョブやデータを簡単に作成および複製。

詳細情報

合理的なデータ管理

データの取得、処理、共有や処理結果の保存が容易

詳細情報

データを共有および可視化するクラウドデスクトップ

簡易な操作でデータ分析と可視化をすぐに可能にするリモートデスクトップ

詳細情報

統合

Slurm、Sun Grid Engine (SGE)、Platform LSF、PBS Pro、Univa、HTCondorのような主要なスケジューラソリューションと直接統合。

統一性

オンプレミスとクラウドのリソース全体で統一されたハードウェアの管理と運用を実現。

カスタマイズ

既存のIT資産を活用しながら、クラウドへの戦略的な移行を進める企業に合わせた統合を実現。

ストレージ、データ、ワークフローの自動化

Rescaleのマルチクラウドストレージは、顧客のビッグデータワークロードに合わせてパフォーマンスを最適化します。Rescaleプラットフォームは、ストレージのボトルネックや複雑さを解消し、クラウドでデータを自在に管理できるようにします。さらに、チームがすばやくデータを処理、分析、視覚化し、グローバルに共有します。

すべてを自動化

  • ストレージの取得、プロビジョニング、構成、テスト、チューニングをすべて自動化
  • データを階層化し、取得からアーカイブ、また、オブジェクトストレージから高速なローカル、共有、および並列ファイルシステムへのデータの移動を自動化
  • データをすばやく処理し、一定の期間だけ効率的に保存およびアーカイブ可能

グローバルなコラボレーション

  • 組織内で安全にデータを共有し、結果を共有
  • データを再利用でき、データセットを保存して後で使用したり、ジョブのクローンを作成したり、結果を再実行したりすることが容易
  • リモートの仮想デスクトップ(VDI)を使用して、クラウドで直接データをすばやく可視化し分析

ワークロードに合わせた最適化

  • 決められた期間内にジョブを完了するために必要となリソースだけを割り当て
  • IOPSとスループットに基づいてパフォーマンスを最適化
    • 各ジョブのストレージパフォーマンスのボトルネックを解消
  • コストの最適化 – 適切なデータを適切なタイミングで適切な階層に配置
    • ハイパフォーマンスのプライマリファイルストレージ(エフェメラルおよびパーシステント)から短期的および長期的なオブジェクトストアへのデータの階層化

データの管理

  • ユーザー、グループ、プロジェクトごとにソフトウェアおよびハードウェアのクォータと予算を設定
  • ユーザーにプロアクティブにアラートを発行し、ユーザー自身によるデータ管理をサポート
  • ユーザー、グループ、プロジェクトに対して個別に予算を割り当て、コストを管理

ハイブリッドクラウドソリューション関連のHPCのリソース

プレスリリース:Rescaleは米国連邦政府対応した初のクラウドHPCサービス、ScaleX Governmentをリリース

2019年11月19日 アメリカ、サンフランシスコ       クラウドでのハイ・パフォーマンス・コンピューティング(HPC)のリーダーであるRescaleは、完全なクラウドベースのHPCプラットフォームを米国連邦政府の公共部門に向けて提供する最初の企業となることを発表しました。 Rescaleの最新のリリースであるScaleX Governmentは、FedRAMP Moderate(In-Process)(Federal Risk and Authorization Management Program)、ITAR(国際武器取引規制)コンプライアンス、あるいはその両者を備えたクラウドのスケーラビリティを提供する唯一の完全に管理されたHPCサービスです。 これまで、全ての連邦政府機関と多くの研究機関では、クラウド製品やサービスがFedRAMPステータス無しでは採用できないためクラウドHPCを使用することができませんでした。ScaleX Governmentは、コンピューティング、ストレージ、アプリケーション管理やオーケストレーション・スタックを含む全ての構成要素にわたるエンド・ツー・エンドに対応する最初のクラウドHPCサービスを提供します。 この発表により、公式のFedRAMP MarketplaceにてRescaleを見ることができます。これにより、連邦政府のエンジニア、科学者や研究者は時代遅れで固定のITインフラストラクチャーから最新のオンデマンド・クラウド・アーキテクチャーに移行し、コンプライアンス用件を満たすことができます。米国エネルギー省(DOE)の一部門である国立再生可能エネルギー研究所(NREL)はエネルギー効率と探査研究を加速するためにRescaleとFedRAMPアプリケーションを共同でスポンサーしました。クラウドHPCを利用すると、多くの場合長い待ち時間を招くリソース管理を必要とせず、必要に応じて即座にワークロードをスケールアップやスケールダウンすることが可能となります。これは最終的に、より良い研究、より速い結果やより効果的な支出につながります。 RescaleのCOOであるShawn Hansenは次のように語ります。「強力なセキュリティとコンプライアンスを備えた世界的なイノベーション体験を提供することがRescaleの最優先事項です。当社の顧客は、機密データやワークロードを保護し、業界や連邦政府の基準を常に超える為に、当社を頼ります。このFedRAMPマイルストーンを達成する最初のHPCプラットフォーム・ソリューションとなることにとても興奮しています。」 クラウドHPCのセキュリティに関するより詳細は以下をご参照ください。 https://www.rescale.com/security https://info.rescale.com/big-compute-podcast-episode-10-fedramp 【Rescaleの概要】 Rescaleは、2011年に設立したエンタープライズビッグコンピューティングソリューションをクラウドで提供するリーディングカンパニーです。 Rescaleは、変革を求める企業幹部、ITリーダー、エンジニア、科学者などが製品の確信を確かなものにし、素早く市場に投入できるようにします。 RescaleのScaleX®マルチクラウドプラットフォームは、複雑なデータ処理とシミュレーションを実行するための製品で、非常に強力なハイパフォーマンスコンピューティングインフラストラクチャー上に構築されており、ソフトウェアアプリケーションをクラウドもしくはオンプレミスにある最適なコンピューティングリソースで実行可能にします。…

ISIDとRescale、クラウドCAE事業で戦略的提携

大規模解析プラットフォーム「ScaleX®」を活用したインテグレーションで 大手製造業のクラウド活用を支援 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下「ISID」) とRescale, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、共同設立者兼CEO:Joris Poort、以下「Rescale」)は本日、クラウドCAE事業において戦略的パートナー契約を締結し たことを発表します。 両社は本提携を通じ、Rescaleの持つクラウドHPC/CAEシミュレーションプラットフォーム「ScaleX(スケールエックス)」と、ISIDが有する国内製造業へのクラウドCAE導入ノウハウや大規模システムインテグレーションの知見を組み合わせ、大手製造業における本格的なクラ ウドCAE活用を支援してまいります。本提携に先立ち、両社はすでに日本の大手自動車メーカーの大規模クラウドCAE導入プロジェクトを開始しています。 Rescaleが提供するScaleXは、CAE分野を中心とする300種以上のアプリケーションをマルチ クラウド環境で利用するための統合サービスです。グローバルはもとより、日本においても自 動車メーカーや大手素材メーカーなど多くの企業で導入されています。 ISIDは、日本市場におけるクラウドCAEサービスの提供で先駆的な役割を担い、これまで数多 くの製造業のクラウドCAE環境構築を支援してきました。近年は大手製造業が本格的なクラウ ド活用を加速させつつあり、その実現には、既存環境とクラウド環境のシームレスな連携や段 階的移行を伴う大規模なシステム開発が不可欠となっています。ISIDは、CAEとクラウドイン テグレーション双方の領域で深い知見を有する稀有なシステムインテグレーターとして、大手 製造業におけるScaleXの導入・活用を支援してまいります。 「ISIDは、Rescaleと協力して日本でScaleXプラットフォームを推進できることを大変嬉しく 思います。今回の提携を通じ、Rescaleの先進的なクラウドCAEプラットフォームとISIDの知見 を組み合わせることで、日本の製造業におけるクラウドCAE活用が飛躍的に拡大し、グローバ ルな競争力強化に貢献できるものと確信しています」と、株式会社電通国際情報サービスの上 席執行役員製造ソリューション事業部長である岩本 浩久は述べています。…

Rescale Japan オフィス移転のお知らせ

Rescale Japanは事業拡大に伴い今月より新しいオフィスへ移転致しました。約二年近く渋谷を拠点としていましたが、東京駅からも近い大手町ビル内に新しくできたInspired.Labというテクノロジー系の企業が集まるコラボティブスペース内に新オフィスを構えます。 お近くへお越しの際はお立ち寄りください。 オフィス住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル6階 Inspired.Lab M3 [Google Map]