HPC as a Service

セキュアかつ容易に実施できるHPC+AIのための自動化クラウド

スケーラブルなコンピューティングとSaaSのような手軽さで、エンジニアリングのスピードを加速します。ターンキーのようなシンプルさと政府機関レベルのセキュリティで、高度なエンジニアリングおよび科学コンピューティングを展開します。

最新の専用ソフトウェア、強化されたインフラストラクチャ、事前構築されたオートメーションにオンデマンドでアクセスでき、誰でも今すぐ始められます。

インテリジェントバッチ

ソフトウェアとハードウェアのフルマネージド&サポートサービス

もっと詳しく知る

エラスティック・クラウド・ワークステーション

強力な仮想デスクトップ

もっと詳しく知る

ストレージ・ファブリック

ストレージサービス全体のファイル集約、整理、バックアップ

もっと詳しく知る

インテリジェントバッチ

クラウド自動化が成果を加速

エンドツーエンドの自動化、ジョブの完了保証、コーディング不要で、あらゆる計算集約型ワークロードをクラウド規模で実行できます。何千ものプリインストールされたエンジニアリングおよび科学研究開発のアプリケーションとバージョンで、すぐに始められます。入力ファイルをアップロードし、お好みのハードウェアを選択するだけで、あとは自動化されます。パワーユーザーは、カスタムスクリプト、実験計画法および高スループットのワークロードのための事前構築された自動化を利用できます。

エラスティック・クラウド・ワークステーション

クラウドスケールでパワフルなデスクトップ体験

エンジニアや科学者がクラウドを最大限に活用し、エンドツーエンドのワークフローを加速します。ハイパワーの物理デスクトップを使用しているかのように、前処理、解析、後処理を実行できます。テンプレートを使用してDaaSとVDIリソースを自動化し、ワークロードをリモートで効率的かつ安全に実行します。数分で起動し、アプリケーションやファイルにリモートアクセスして、大規模なマルチノードシミュレーションやビジュアライゼーションでリアルタイムに共同作業を行うことができます。

ストレージ・ファブリック

ソース間のデータ共有を超えた

異なるデータソースを接続し、社内チームやバリューチェーンパートナーに統一されたアクセスを提供します。シミュレーションの入出力ファイルからモデルトレーニング用のオープンソースデータセットまで、エンジニアや科学者はプロジェクトファイルをシームレスに同期・整理できます。

カスタマー スポットライト

クラウドHPCシミュレーションがBoom社の超音速旅客機の離陸を実現

Boom Supersonicは、出張者に革命をもたらすサンフランシスコから東京まで旅行者を5.5時間で運ぶことを目指して、長く停滞状態にあった産業を活性化させる超音速旅客機を開発している航空宇宙産業のスタートアップです。 Rescaleを使用してすべてのシミュレーションをクラウドで実行することで、Boomは次のことを実現できました:

  • 解析時間を6倍に短縮
  • 100以上の設計を同時にシミュレーション
  • ITオーバーヘッドを100%削減

関連リソース

AI 物理学のエンドツーエンド ワークフローのデモ

AI 対応エンジニアリング ワークフローの概要 Rescale の NVIDIA を活用した AI 物理学の詳細をご覧ください。 ステップ 1 – 既存のシミュレーション データを生成または使用します。バッチまたは大規模 DOE で複数の CFD シミュレーションを実行します。この場合は Siemens STAR-CCM+ を使用して、車両の後部翼の設計スタディを実施します。ステップ 2 – 物理情報に基づいたサロゲート モデルをトレーニングする…

カスタムフィールドのメタデータキャプチャの自動化

Rescale Metadata Management は、ワークスペースへのカスタム フィールドのテンプレート化と展開をサポートします。カスタム フィールドにより、シミュレーション データ ガバナンスが可能になります。 Rescale は、シミュレーションの後処理ステップとして Python スクリプトを実行することにより、カスタム フィールドの入力の自動化をサポートします。自動化により、カスタム フィールドでエラーがなくなり、シミュレーション担当者の時間と労力が節約され、生産性が向上し、市場投入までの時間が短縮されます。

Rescaleメタデータ管理によるシミュレーションリソースのフィルタリングと検索

シミュレーション エンジニアとエンジニアリング マネージャーは、製品が完成するまでにシミュレーションを更新し、製品設計を何度も繰り返す必要があるため、データ セットが大規模になります。シミュレーション データの検索はオーバーヘッドになる可能性があります。 Rescale では、シミュレーション データにタグを付け、ファイル名とタグの両方を検索できるため、組織はデータの検索にかかる時間と労力を削減できます。