マルチクラウドハイブリッドソリューション

従来型のオンプレミス環境からアジャイルでハイブリッドなITインフラストラクチャへのトランスフォーメーション

Rescaleのエンタープライズ向けのビッグコンピュートプラットフォームには、ソフトウェア定義のマルチクラウドストレージとデータ管理機能が一式含まれています。このプラットフォームは、ワークロードに特化した最適なストレージを提供し、クラウドでのデータの取得、処理、可視化を容易にします。

業界を代表する多くの企業がクラウド戦略を取り入れ、競争を有利に進めています

ワークフローに即応するマルチクラウドストレージ

基本的なワークフローやマルチステップのワークフローに合わせて、ジョブやデータを簡単に作成および複製。

さらに詳しく

合理的なデータ管理

データの取得、処理、共有や処理結果の保存が容易

さらに詳しく

データを共有および可視化するクラウドデスクトップ

簡易な操作でデータ分析と可視化をすぐに可能にするリモートデスクトップ。

さらに詳しく

統合

Slurm、Sun Grid Engine (SGE)、Platform LSF、PBS Pro、Univa、HTCondorのような主要なスケジューラソリューションと直接統合。

統一性

オンプレミスとクラウドのリソース全体で統一されたハードウェアの管理と運用を実現。

カスタマイズ

既存のIT資産を活用しながら、クラウドへの戦略的な移行を進める企業に合わせた統合を実現。

ストレージ、データ、ワークフローの自動化

Rescaleのマルチクラウドストレージは、顧客のビッグデータワークロードに合わせてパフォーマンスを最適化します。Rescaleプラットフォームは、ストレージのボトルネックや複雑さを解消し、クラウドでデータを自在に管理できるようにします。さらに、チームがすばやくデータを処理、分析、視覚化し、グローバルに共有します。

すべてを自動化

  • ストレージの取得、プロビジョニング、構成、テスト、チューニングをすべて自動化
  • データを階層化し、取得からアーカイブ、また、オブジェクトストレージから高速なローカル、共有、および並列ファイルシステムへのデータの移動を自動化
  • データをすばやく処理し、一定の期間だけ効率的に保存およびアーカイブ可能

グローバルなコラボレーション

  • 組織内で安全にデータを共有し、結果を共有
  • データを再利用でき、データセットを保存して後で使用したり、ジョブのクローンを作成したり、結果を再実行したりすることが容易
  • リモートの仮想デスクトップ(VDI)を使用して、クラウドで直接データをすばやく可視化し分析

ワークロードに合わせた最適化

  • 決められた期間内にジョブを完了するために必要となリソースだけを割り当て
  • IOPSとスループットに基づいてパフォーマンスを最適化
    • 各ジョブのストレージパフォーマンスのボトルネックを解消
  • コストの最適化 – 適切なデータを適切なタイミングで適切な階層に配置
    • ハイパフォーマンスのプライマリファイルストレージ(エフェメラルおよびパーシステント)から短期的および長期的なオブジェクトストアへのデータの階層化

データの管理

  • ユーザー、グループ、プロジェクトごとにソフトウェアおよびハードウェアのクォータと予算を設定
  • ユーザーにプロアクティブにアラートを発行し、ユーザー自身によるデータ管理をサポート
  • ユーザー、グループ、プロジェクトに対して個別に予算を割り当て、コストを管理

ハイブリッドクラウドソリューション関連のHPCのリソース

データシート: パフォーマンスと効率 – 最新の HPC の成果

ハイブリッド、マルチクラウド インフラストラクチャの普及により、HPC 実践者はワークロードに対して豊富な新しいオプションを得ることができますが、前例のない選択を選択することは新たな課題を引き起こします。 Rescale により、組織はこのオプションを有利に活用して、投資のパフォーマンスと効率を最適化できるようになります。 Rescale のワークロード中心のインテリジェンスと自動化により、…

デモ

Rescale を使用してビジネスを加速する方法について学びましょう。

お問合せ

フリートライアル

Rescale プラットフォームをテストするには、10 ドルのクレジットを入手してください。

お問い合わせ