Rescale & NVIDIA

RescaleはNVIDIA社との提携によって、研究開発(R&D)向けに業界をリードするターンキーで安全なクラウドベースの人工知能(AI)およびハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)シミュレーションプラットフォームを提供します。NVIDIAの最新のソフトウェアおよびハードウェア技術に統合したRescale with NVIDIAにより、ユーザーは計算が複雑でAIを駆使するシミュレーションや分析を即座にスケールアウトできるようになります。

Rescale Nvidia Hero V1 1

NVIDIA on Rescaleで研究開発の効率を最大化

C. ngc workflow icon models

NVIDIA Modulusのような最新のNVIDIA AI & HPCフレームワークを導入し、NVIDIA GPU Cloud (NGC) コンテナカタログに接続、また、わずか数クリックでOmniverseへ接続し、クラウドのほぼ無限のスケーリングの可能性を利用。

F. ngc workflow icon industry solutions

モデルのトレーニング、推論、設計自動化、設計検証のための単一プラットフォーム上でAIとCPUやGPUで加速されたシミュレーション・アプリケーションを統合することにより、研究開発のブレークスルーを実現。

Cloudstack

NVIDIA Base Command Platformを利用できるDGXシステム、DGX Foundry、LaunchPadなどのNVIDIAハードウェアや、AWS、Azure、GCP、OCIが提供する最新のGPU搭載インスタンスへのターンキーアクセスで、研究開発用のHPCとAIを加速

NVIDIA on Rescaleを活用されているお客様

NVIDIA GPUに対応したアプリケーションをRseacle上で提供するプロバイダー例

ansys
siemens dfGNJfw

jnvppYz7XwZWniL7t120OPYRRsBXxVKQEFT21BTnde9CiLjdfTFdV2PAkRtW7 4QIt61MQ 1ZHQn5LKPkQfJjaKr8lnbuF5pWmxQFWtbXyE iSUBFJ7Y8tR8bmxFLrCkL896 Iy

8l4IOQhrWFl7PpNU 3pGyJ2pyIARWY9QuUTpoKP4U7DXM2dHcXjN8M SiRyCTlSAbQYTGwF88uIxeQTg6hu7sEUZy0G3fpyXTAixRf5dtlJgedZDQ05PVjTwepJM Fo thHNcNzA

IE6UKZpNP5Gc dv AAV5IeC2AY8dGam31h2DOS

19ze lhC3gTI8EoXB1LvSTFmkjl6s0g0hjKk30QqIlp uf5b0eGwP3nqrkou AYwF4tdA9uZPEv JobecTkhSG2VWsqnoiaV41VVzJyH4xzD0mJfzcfxS00O8RJpw ioBIn G9v

AYLZxMGIO4lxOAia GCN8PJHDVa1g6RFns4420K9Zne2grSiC3nGl XBOp2Jt5u6ZNTPbBILQA80r WK5OeRUzPQfIo0obmgZviCF8yDyWLnaueEvLwhnrf8IarBYwnGIBKq8Ryo

1h2C8r2vvqgIgPuFD4689i p4OgF7CXyNMcOe4MYNytiLEN3VgBhjwEdlHQXsBvtM7AMSk6NVb29jFUEYVEKrq54HWGzwWKZeOzcyrRcIFKaxkHuSqMkymjUSA 8nLZvPi0NRSN

Explore Use Cases

nvidia GTC
RescaleプラットフォームでModulesを用いたエンジニアリングシミュレーションのためのAI入門

科学や工学における計算精度の高いシミュレーションは、設計解析から最適化までの反復したワークフローにおいて、計算コストが高く、時間的制約があります。ScaleXプラットフォーム上でModulusを使用して、わずか5クリックでアプリケーションのデジタルツインモデルを作成する方法を、数値流体力学と設計最適化の例でご紹介します。

詳細はこちら

nvidia GTC
Rescaleで航空宇宙工学シミュレーションをクラウド上で安全に実行する方法(提供:Carahsoft社)

科学的ワークロードのクラウドへの移行は、科学/エンジニアリングの専門知識、クラウドアーキテクチャ、ハードウェアアーキテクチャ、セキュリティ、ソフトウェアライセンス管理など、多数の領域の知識を必要とし、複雑であるため、常に困難なものとなっています。技術的なブレークスルーを生み出すことは、航空宇宙分野では特に難しく、従来は数十億ドルの研究開発費、少数の技術スタッフ、大規模な風洞試験、大規模なセキュリティ監査、そして長年の開発期間が必要でした。

詳細はこちら

azothbio logo
AZothBio社、ディープラーニングを再利用した新薬の創出を加速

AZothBio社独自のエピトープ予測AIモデルは、ディープラーニング処理により、抗原・抗体反応に関する生体データを解析し、免疫反応を活性化するペプチド配列を予測するものです。AIモデルとゲノム解析の組み合わせにより、免疫治療薬やワクチン開発の可能性を広げています。しかし、複数の研究分野へ規模を拡大するにつれ、オンプレミスの計算環境ではツールの処理能力と複雑さに対応できなくなり、自社で再構築するには時間とコストがかかるようになりました。

詳細はこちら