NOV、Rescale のクラウドHPC へ全面的に移行し、エンジニアの生産性を向上し、ニーズの拡大に対応

Screen Shot 2022 01 14 at 4.43.41 PM 1

コンピューティング環境を再構築し、エネルギーの未来を切り拓く


NOVは、石油・ガスおよび再生可能エネルギー産業のグローバルなリーダー企業であり、高度なCAE(コンピューター支援エンジニアリング)シミュレーションを使用して、新しいテクノロジーを取り入れたポンプ、レギュレータ、ドリルヘッドの設計とテストを行っています。NOVは、6大陸にわたる600箇所以上の拠点で、石油・ガスから再生可能エネルギーまで、多様な機器の製造と保守を提供するいくつもの事業部門を運営しています。NOVは、新しく開発した製品を実用化の段階に進める前に、安全性、耐久性、経済性について正確な予測を行うために、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)リソースを活用しています。会社が成長するのに伴い、オンプレミスの固定インフラストラクチャへのニーズも増大していきました。このため、NOVは、増大するさまざまなワークロードニーズに対応し、研究開発の競争力を維持するための柔軟なソリューションとして、クラウドを評価しました。

エンジニアリング業務を最適化および加速するためにクラウドを活用

同社のオンプレミスクラスターは老朽化が顕著となっており、NOV が必要とするコンピューティングリソースに対応できなくなっていました。シミュレーションジョブのバックログも300 日間以上に達していました。設計最適化のワークロードを処理するために、物理的なハードウェアを購入して導入するまでには、数ヶ月の期間がかかっていました。キャパシティや性能に対する要求が高まる一方で、NOV は研究開発用ソフトウェアのポートフォリオも拡大しており、複雑さとコストも増大していました。

R&D エンジニアが使用するハードウェアとソフトウェアの購買・管理を担当しているNOV のエンジニアリングシステムチームは、クラウドHPCソリューションの選択肢としてRescale を検討しました。ソリューションを評価していくと、NOV のエンジニアリングとIT リーダーは、Rescale が全体的なコンピューティング能力と生産性の向上に役立つことがわかりました。迅速に取り組むべきプロジェクトや増大し続けるバックログがあったことから、NOV はいくつかのテストワークロードをRescale ScaleXプラットフォームに展開することを決定しました。わずか7日間で、NOV の科学者とエンジニアはHPC リソースをオンデマンドで利用できるようになり、それぞれのチームが複数のクラウドプロバイダーから最高のコストパフォーマンスを実現する最適なハードウェアを選択できるようになりました。たとえば、STAR-CCM+ などの数値流体力学のワークロードはインターコネクトが強化されたAzure ハードウェアで、また、Abaqus などの有限要素解析はメモリが強化されたハードウェアで優れたパフォーマンスを発揮します。NOV は、ソフトウェアワークロードを最適化することで、新製品のシミュレーションをより迅速かつ忠実に行うことが可能となり、安全性と信頼性を向上できました。エンジニア、プロジェクト、ソフトウェアのすべてが増加する中で、Rescaleのアプリケーション管理機能によって既存のライセンス使用率も向上しており、すべてのアプリケーションが自動的にインストールされ、最新の状態で利用できるようになりました。

ボトルネックを解消し、ビジネスを成長させる


NOVは、HPCのオペレーションをクラウドに移行したことで、エンジニアリング部門の生産性の低下を招きボトルネックとなっていたシミュレーションと解析の業務を、全社的な研究開発プロジェクトを加速させるビジネスドライバーへと変革できました。Rescaleを導入したことで、NOVはバックログを迅速に解消し、人工知能による予知保全やデジタルツインなどの新しい取り組みを開始しています。新しいイノベーションを生み出す能力に加えて、エネルギー生産の原料やベストプラクティスが変化や進化を続ける中で、柔軟かつ俊敏にコンピューティングリソースを活用しているNOVのような組織は、競合の一歩先を常に行くことができるでしょう。