| | | |

Rescale、NASAのFUN3D CFDシミュレーションを高速化するとともにNVIDIA GPUによるコスト削減を実現し、米国の次世代航空宇宙イノベーションに貢献

FUN3Dで米国の航空宇宙のイノベーションを切り拓く

FUNXNUMXDは、NASAが開発した高度な数値流体力学(CFD)ツール群であり、さまざまな車両、飛行機やその部品のエンジニアリングや設計試験における流体の流れのモデリングに使用されています。NASA技術移転プログラム(NASA Technology Transfer Program)は、宇宙探査や宇宙開発のためのイノベーションを米国民へに公開し、米国の航空宇宙イノベーションの利益を最大化することを使命としており、FUNXNUMXDなどのアプリケーションを一般に公開しています。FUNXNUMXDは、承認された米国の商用ユーザー、米国市民や永住権取得者を含む承認された米国の個人ユーザー、認可を受けた組織、その他の政府機関が利用できます。クラウド利用に特化したハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)プラットフォームであるRescaleは、NASAと協力し、RescaleのITAR準拠プラットフォーム(FedRAMPの認可も取得済み)で承認されているユーザーがFUNXNUMXDを安全に実行できるようにしています。

Rescaleの最高執行責任者(COO)であるMatt McKeeは、次のように述べています。z 「米国の商業航空宇宙分野への投資は、最近数十年で最大の増加を見せています。NASAがソフトウェアツールを公開することで、商業的な航空宇宙イノベーション分野における米国のリーダーシップを強力に促進しようとしていることに、非常に興奮しています。NASAが主にクラウドを必要とする利用するユーザーに対してもツールへのアクセスへのを承認の方針を作成した始めたことで、Rescaleのお客様もFUN3Dを利用して設計を高速化できるようになりました。」

宇宙第XNUMX次産業革命(スペースXNUMX)に関連した航空宇宙分野への民間投資や、都市型モビリティーへの商業/政府投資の増加により、航空宇宙分野の研究開発に対する需要が加速しています。FUNXNUMXDのような最先端の計算工学ツールによって、新しいデジタルプロトタイプの設計やシミュレーションを行う公共、あるいは民間部門の科学者、研究者、エンジニアのコミュニティは急速に拡大しています。FUNXNUMXDは他のCFDソルバーでは設定不可能隠れがちな多くのパラメーターを柔軟に制御できます。そのため、パワーユーザーにとってFUNXNUMXDは、高い精度を要求する、複雑かつ大規模なCFDシミュレーション問題の解決に特に適したアプリケーションになっています。たとえば、FUNXNUMXDはロケット、回転翼、宇宙輸送機などのシミュレーション、風洞実験や飛行実験の設計、高揚力や巡航性能、軍事技術の追求、大規模なコンピューター科学やアルゴリズムの研究など、広範に利用されています。

出典: ボストン コンサルティング グループ、Jeel Tamooh

NVIDIA GPUテクノロジープラットフォームでFUN3Dのコストパフォーマンスを 最大化

FUN3Dは強力なCFDシミュレーション用のツール群です。他のソフトウェアアプリケーションにも言えることですが、アプリケーションの目的を達成するためには設計についてトレードオフが必要となります。FUN3Dの場合、メモリーバウンドバインド型のアプリケーションであるため、メインメモリーからプロセッシングユニットへのデータ転送速度にが制限がありされることが、ソフトウェアパフォーマンスの主な制約となります。CPUのみを用いて処理を行う場合、この制約を補うために、大規模シミュレーションのアプリケーション実行に使用するハードウェアクラスタの規模を拡大する方法が用いられます。たとえば、シミュレーションの実行時間を短縮し、実用に耐えうる範囲にするために、多くのノードで数千のCPUコアが使用されることも多くあります。  

FUNXNUMXDチームは、FUNXNUMXDの計算性能を進化させ続けました。同チームはおよそXNUMX年前から、NVIDIA GPUを使って計算速度を効率的に加速するための研究を続けています。NVIDIA社とも協力して、XNUMX年にはNVIDIA CUDAプログラミングモデルを採用し、当時最新だったNVIDIA Tesla VXNUMX GPUを活用して大きなブレイクスルーを実現しました。それ以来、NVIDIAが新しい高度なGPUアーキテクチャーを導入するのに合わせて、FUNXNUMXD がGPUを使用する能力を進化させ続けています。

RescaleのHPCエンジニアリングチームには、Rescaleプラットフォームのクラウド環境を長年利用しているNASAの認定ユーザー向けにFUN3DのCPUとGPUのパフォーマンスを最適化することを専門に取り組んでいる技術者が所属しています。最近、RescaleはNVIDIAと協力し、クラウドHPCアプリケーションにおけるGPUの有用性を紹介する取り組みの一貫一環として、NVIDIA GPUで加速されたクラウドインフラストラクチャーでFUN3Dのベンチマークテストを実施しました。上述のベンチマークでは、GPUアクセラレーションを用いたFUN3Dのコストとパフォーマンスが、NASAが認定しているクラウドサービスプロバイダ(CSP)のデータセンター(Amazon Web Services(AWS)および(Microsoft Azure)で提供されている、CPUのみを使用した一般的なインフラストラクチャーオプションと比較してどれほど優れているか検証しました。 

NVIDIAのHPC/スーパーコンピューティングセールスおよびビジネス開発担当グローバルVPであるJohn Josephakis氏は、次のように述べています。「GPUによって迅速に処理できるCAEアプリケーションは急速に発達しており、デザインイノベーションのスピードに大きな影響を及ぼしています。Rescaleは、FUN3DのようなCFDシミュレーションソフトウェアを簡単に利用できるようにする深い専門知識を有しており、お客様が最新のNVIDIA GPUハードウェアオプションをクラウドで利用するプロセスを簡略化するように注力しており、NVIDIAとも緊密に連携しています。」

Rescaleのお客様はすでに、NVIDIA GPUを使ったFUNXNUMXDのポテンシャルを感じ始めています。たとえば、ヘリコプターのXNUMX倍の速度でXNUMX倍の距離を飛行し、二酸化炭素の排出量を XNUMX%、運用コストをXNUMX%削減するよう設計されたXNUMX拠点間の移動用の小型民間航空機を開発しているXTI Aircraft社は、Trifan XNUMX VTOL機のを開発でのするためのFUNXNUMXDシミュレーションでにGPUを積極的に活用しています。

XTI Aircraft社のツール&プロセス構成マネージャーであるScott Wertel氏は、次のように述べています。「当社は、3拠点間の短距離航空を根本的に変えようとしています。そのため、航空機設計の試行錯誤に要する時間を最小限に抑えるソフトウェアとハードウェアが必要です。Rescaleを利用することで、大規模なITサポート部門を介さず維持せずに、わずか数クリックで幅広いクラウドハードウェアオプションを選んで簡単にFUN600Dを試すことができ、当社のCFDのニーズを満たす、最高の結果を得ることができました。GPUはその価値を向上させ、TriFan XNUMXを迅速に開発させるために今後も貢献してくれまするはずです」

XTI 航空機 TriFan 600

The FUN3D ベンチマーク

Rescaleは、XNUMX年の第XNUMX回AIAA Drag Predictionワークショップで初めて発表された、NASA Common Research Model(CRM)を使用してベンチマーク解析を実行しました。このモデルには、XNUMX万のポイント、XNUMX万の正四面体、XNUMX個の三角錐、XNUMX万個の角柱のセルが含まれています。RescaleはタイムステップをXNUMXに設定してベンチマークを実行しました。

10万点のCRMメッシュの可視化

FUN3D ソフトウェア

FUNXNUMXD version XNUMX ベンチマーク解析で、使用したソフトウエア

クラウドハードウェア

コアタイプは、クラウドパートナーが提供するが作成したCSPインスタンスファミリーを、RescaleがHPC AIワークロード向けに特別に最適化した構成になっています。今回は、NASAが承認しているCSPデータセンターで利用可能な最新GPUをベースにしたGPUアクセラレーションコアタイプと、RescaleのCFDシミュレーションで広く使用されているCPUのみを用いたコアタイプXNUMX種類の計XNUMX種類でFUNXNUMXDのベンチマークを実施しました。

ベンチマーク結果

GPUベースのコアタイプであるAquamarine vXNUMXでFUNXNUMXDを実行した結果、RescaleのCFDで最も広く使用されているCPUベースのコアタイプであるCatseyeおよびJasperと比較して、非常に優れた結果が得られました。Rescaleのお客様は、シミュレーション用のハードウェアを選択する際、コストとパフォーマンスとのトレードオフを強いられることが多くありました。しかし、今回のFUNXNUMXDのベンチマーク解析では、GPUベースのコアタイプを使用したシミュレーションは、比較対象であるCPUベースのコアタイプよりも高速かつ低コストであることが明らかになりました。具体的には、Aquamarine vXNUMX(XNUMXノード)を用いたシミュレーションは、Catseye(XNUMXノード)や Jasper(XNUMXノード)と比してXNUMX倍以上高速でした。さらに、Aquamarine vXNUMX(XNUMXノード)を用いた場合の総シミュレーションコストは、Catseye(XNUMXノード)を使用した場合のXNUMX%、Jasper(XNUMXノード)を使用した場合のXNUMX%程度まで削減されました。

NASAラングレー研究所のシニアリサーチサイエンティストであるEric Nielsen氏は、次のように述べています。「クラウドベースのNVIDIA GPUインフラストラクチャーにおけるFUN3DのパフォーマンスがRescaleによって検証されたことを嬉しく思います。「FUN3Dやクラウドの特殊なコンピューティングハードウェアなど、NASAのアプリケーションにアクセスするユーザーが増えることで、さまざまなアプリケーションを用いた米国の航空宇宙イノベーションが加速することを期待しています。」

今回のベンチマーク解析で得られたシミュレーション時間とコストの詳細は以下の通りです。

まとめ

上述の通り、ベンチマーク解析でパフォーマンスとコスト両面での優位性が示されたことから、サポートされるすべてのFUNXNUMXDシミュレーションについて、NVIDIA GPUベースのクラウドインフラストラクチャを利用することを強く推奨します。また、NVIDIA AXNUMXやNVIDIA HXNUMXなどの新しいNVIDIA GPUがNASA公認のCSPデータセンターを通じてRescaleで利用可能になり、NASAがFUNXNUMXDツールの新しい解析機能に対するGPUサポートを拡張するのに伴って、FUNXNUMXD向けのGPUインフラストラクチャーのコストおよびパフォーマンスの両方の進化についても継続的に検証していきます。

Rescaleの最大の特長は、Rescaleのインテリジェントコントロールプレーンを介して、NASAが承認したユーザーが現在利用できるハードウェアから、最適化されコストとパフォーマンスに優れたNASA公認のパブリッククラウドハードウェアを選び出し、FUNXNUMXDを即座に展開できることです。NASAによりFUNXNUMXDを使用することを承認されているエンジニアは、RescaleのFUNXNUMXDソフトウェアのターンキースタックを活用することにより、前例のないコストパフォーマンスで最高のイノベーションを実現できます。ターンキースタックは、クラウドで簡単に利用できるNVIDIA GPUベースの従量課金制ハードウェアで最適化されています。RescaleはFUNXNUMXDに加えて、XNUMX以上のHPCおよびAIアプリケーションを提供しています。これらはFUNXNUMXDと同様にクラウドで起動し、簡単かつ即座に展開できます。

Rescale のハイ パフォーマンス コンピューティング (HPC) プラットフォームで NASA の FUN3D を始める方法

(1) 再スケール承認を含む NASA FUN3D ソフトウェア使用契約をリクエストする

FUN3D は、米国国民または米国人 (22 CFR §120.15 で定義) のみに制限されるソフトウェアです。 したがって、最初のステップは、 NASA ソフトウェア カタログにアクセスしてください FUN3D ソフトウェア使用契約を要求します。 そのリクエストでは、Rescale で FUN3D を実行したいことも明記してください。 ソフトウェアリリース機関は、Rescale で FUN3D を使用するための適切な承認条件がソフトウェア使用契約に含まれていることを確認します。 Rescale の NASA との取り組みの詳細については、次のリンクを参照してください。 FUN3D ウェブサイト.

(2) Rescale に問い合わせてオンボーディングし、FUN3D の使用を開始してください

NASA のソフトウェア使用契約を締結し、NASA から FUN3D ソフトウェアのコピーを入手したら、Rescale にお問い合わせください。当社の専門家が、IT の専門知識を必要とせずに、NVIDIA GPU で FUN3D の実行を開始するための迅速かつ簡単なオンボーディング プロセスを案内します。 。 お問い合わせ ここ または電子メール パートナー@rescale.com Rescale が提供する最大 5 日間の NVIDIA GPU アクセスを無料で使い始めることができます。 それはとても簡単です!

著者

  • ケビン・カンジェミ

    Kevin Cangemi は、Rescale の戦略的パートナーシップおよびアライアンス チームのプリンシパルです。彼は、次のような戦略的な新しいエコシステム開発プログラムを主導しています。 研究開発のための AI/ML Rescale 社に勤務し、Rescale の全社にわたる戦略的テクノロジーと市場投入パートナーシップを管理しています。 独立系ソフトウェアベンダー, クラウドサービスプロバイダー、半導体パートナーエコシステム。 Rescale に入社する前は、E コマース企業の事業開発、M&A、企業戦略、戦略的財務を指揮していました。 Kevin は、ダートマスのタック ビジネス スクールで MBA を取得しました。

類似の投稿