HPCオペレーションの管理、最適化、保護

Rescaleは、ハイブリッドクラウド戦略に対応し利便性に優れるマルチクラウドHPCプラットフォームを提供します。ポリシーベースの管理と自動化により、最新の専用アーキテクチャーを瞬時かつスケーラブルに利用できるようにします。

HPCオペレーションのインテリジェントな自動化

ポリシーベースの自動化、ガバナンス、および分析

コストとパフォーマンスを最適化する強力なツール群

業界最高クラスのクラウドHPCのセキュリティとコンプライアンス

能率的なHPCインフラストラクチャの管理

Rescaleは、ハイブリッドクラウドのHPCオペレーション全体をエンドツーエンドで可視化および管理し、データドリブンのインテリジェンスを提供する初のクラウドプラットフォームです。

ワークロードに特化したアーキテクチャ

最新のアーキテクチャーを選択して使用でき、ポリシーベースの制御により、コスト、パフォーマンス、スループットを最大化します。

セキュリティとアクセスコントロール

最高クラスのガバナンスと暗号化によって万全のコンプライアンスを実現し、マルチクラウドオペレーションのセキュリティを確保します。

ソフトウェアとライセンス管理

商用アプリケーションの広範なポートフォリオを管理し、ライセンスの利用を柔軟に最適化します。

予算分析とツールセット

予算管理、コスト監視、アラート機能により、HPCジョブの価値と影響のコストを可視化できます。

複数チームによる共有とコラボレーション

管理権限の委譲、プロジェクトグループの作成、社内やパートナーとのファイル共有などにより、複数チームによるグローバルなコラボレーションを可能にします。

効率性、柔軟性、俊敏性に優れるリソース管理

CPU、GPU、メモリー、インターコネクトなど、ジョブに対応した最適なインフラストラクチャでシミュレーションジョブを実行

ジョブ実行と可視化を単一のクラウドベースのプラットフォームで処理することで、転送時間と問題解決の時間を最小化

エンジニアに無限に近いクラウドの能力を与え、コンピュートリソースを待機させることがない

既存のオンプレミスリソースをフルに活用できるハイブリッド構成オプション

あらゆるワークロードに対応する専用HPCツールがプリインストールされ、カスタマイズも可能

豊富なソフトウェアカタログ

シミュレーション、モデリング、他のCAEワークロードを処理する700以上のトップアプリケーションを即座に導入可能。Rescaleは、アプリケーションのインストールやチューニングから、ライセンスのホスティングやバージョン管理までのアプリケーション管理を自動化し、遅延やメンテナンスを軽減します。

広範なインフラストラクチャ

コンピュート、メモリー、ネットワーキング、ストレージなどのさまざまなニーズに対応する最適なインフラストラクチャをチームに提供します。コストと必要なパフォーマンスを基準に、最新のクラウドおよびハイブリッドハードウェアを選択して利用できます。

コストとパフォーマンスを管理するツールセット

  • ユーザー、グループ、プロジェクトごとにハードウェア、ソフトウェア、データ転送、ストレージ、ライセンスプロキシの予算を管理
  • ジョブのバックアップやアイドル状態のオンプレミスリソースを排除することで、プロジェクトの要件とキャッシュフローに応じて運用経費を調整
  • 同等の設備投資と比較し、5年間で4倍のOpExに相当

業界最高クラスのセキュリティとコンプライアンス基準

  • 既存のオンプレミスインフラストラクチャへ安全に接続
  • エンドツーエンドの暗号化により、データの安全性とIP保護をさらに向上
  • ITAR、CSA(クラウドセキュリティアライアンス)、HIPAA、AICPAに準拠、もしくはそれらを上回る独立監査を実施

柔軟性、合理性、拡張性に優れるプラットフォーム


お客様事例:日産自動車

日産自動車は世界的な総合自動車メーカーであり、Nissan、INFINITI、Datsunのブランドで60車種以上を販売しています。2018年度は、全世界で552万台を販売し、11.6兆円の収益を上げました。横浜にある日産のグローバル本社は、アジア・オセアニア、アフリカ・中東・インド、中国、欧州、ラテンアメリカ、北米の6つの地域のオペレーションを管理しています。

アジャイルイノベーションモデルへの移行

日産自動車は、技術部門のコンピューティング環境をRescaleに移行しました。これにより、俊敏性に優れるクラウド型のプラットフォームベースのソリューションを従量制で利用でき、シミュレーションあたりの総コストを最小限に抑えることが可能になりました。日産はアジリティを強化し、最新のテクノロジーを常に採用できるようになりました。Rescaleプラットフォームを利用することで日産は次のようなメリットを享受しました。
• 適切なリソースを適切なタイミングで割り当てる
• オーバープロビジョニングとリソースの無駄を防止する
• アンダープロビジョニングと製品開発の遅延を防止する

オンプレミスコンピューティングの課題

日産自動車も、多くの企業と同じように、消費電力の制限、高い総所有コスト、データセンターの利用率の問題(日産自動車の平均利用率は40~80%)など、オンプレミスコンピューティングが抱えている基本的な課題に直面し、その限界を感じていました。日産自動車は、このようなオンプレミス環境特有の問題が、イノベーション、マーケットリーダーシップ、アジリティ、市場投入までの時間に悪影響を及ぼしていることを認識していました。

ソリューション=Rescale

RescaleのマネージドHPCプラットフォームは、日産が使用していたソフトウェア、ハードウェア、インフラストラクチャの複雑なスタックを、変化の激しいテクノロジー環境にも俊敏に対応できる単一の統合型のソリューションに変えました。日産のエンジニアは、統一されたソリューションから最新のさまざまなテクノロジーを事実上無制限に利用できるようになりました。

HPCおよびIT管理者向けの資料

Going to the Moon By Way of the Cloud – New York Times

Firefly Aerospace, a start-up based in the suburbs of Austin, Texas, is building a rocket to fly to the moon. No, this isn’t a remake of “A Grand Day Out With Wallace and Gromit,” in which the animated duo go to the lunar surface on a search for cheese; it’s a real company. It’s also…

Rescale Compliance & Security Handbook

One of the first questions we get from our customers is almost always about security and compliance logistics. In addition to traditionally skeptical attitudes about security in the cloud, recent breaches as seen in the news have understandably raised serious concerns for many companies. To address relevant concerns and expectations from our customers, this document…

Case Study – AZothBio Accelerates New Drug Discovery Using Deep Learning on Rescale

The team of researchers, scientists, and engineers at AZothBio bring rich experience from their backgrounds in life sciences, biotechnologies, and pharmaceuticals. Their mission is to combine their expertise to catalyze new drug discovery and bring more competitive products to more patients. When conducting their research and development, AZothBio uses digital tools and proprietary artificial intelligence…