|  

変革を解き放つ: 政府におけるクラウドを活用した革命

政府部門の変革は急速に進んでいます。物事が次にどこへ向かうのかについて詳しく調べてください。

今日の急速に進化するデジタル環境では、イノベーションは単なる贅沢品ではなく、特に社会の中での必需品です。 公共部門。クラウド テクノロジーの出現は、政府を前例のないレベルの機敏性と効率性へと推進する強力な触媒として浮上しました。クラウドを採用することで、政府は新たな可能性の領域を解き放ち、変革を推進し、使命を達成し後継者のための基盤を築くために労働力を最適化することができます。

政府におけるクラウド テクノロジーの利用は、単なる資本集約型のソリューションを超えています。それは、さまざまな領域にわたるイノベーションの基盤として機能します。高度なコンピューティングの力の活用から活用へ 人工知能 クラウドにより、予測的な洞察が得られ、政府機関は情報に基づいて迅速かつ効率的に意思決定を行うことができます。 

公共部門のクラウド導入

問題解決の時代 

政府機関によるクラウド導入の初期には、技術的およびセキュリティ上の課題を克服することに重点が置かれていました。 「問題解決時代」と呼ぶにふさわしいこの時期には、政策、技術ガイドライン、 セキュリティフレームワーク これによりクラウド導入への道が開かれました。政府機関は、データ プライバシー、コンプライアンス、リスク管理に関連する問題に取り組んでいます。これらのハードルを乗り越えながら、クラウド サービスが受け入れられるようになりました。ただし、導入を促進するにはアクセシビリティが必要です。クラウド インフラストラクチャの柔軟性と拡張性により、政府は需要の急増、運用上の依存関係、競争上の優位性の維持などの緊急のニーズに対処できるようになります。クラウドは両方にとって重要な機能となっています ITとビジネス運営、世界規模で技術的な堀を構築するためにサービスを提供する方法に革命をもたらします。次の時代は養子縁組の時代となり、 生態系 大の クラウドプロバイダー 破壊的で機敏な企業と提携します。

コアミッションサービスへの移行

多くの政府機関はすでにクラウドをある程度受け入れていますが、進化する地政学的シナリオにより優先順位が変化しています。突然、クラウドはもはや多くの IT 優先事項の 1 つではなくなりました。それは重要なサービスを維持するための要です。導入企業はクラウドに飛び込み、さまざまな機関が中核となるミッション サービスにクラウド機能を活用する方法を模索しています。この変化にはテクノロジー ツールを超えて、組織文化と従業員の変化が必要でした。政府 CIO テクノロジー リーダーは、何を保持し、何を永続化し、何を残すかについて難しい決断を迫られています。そのため、採用のゲートウェイを提供する統合コントロール プレーンの必要性が生じています。

政府におけるクラウド テクノロジーの利点と課題

クラウドの最も魅力的な利点の 1 つは、サイロを打破し、 環境、テクノロジーを推奨 さまざまな機関や部門にわたって。統一されたものを提供することで、 プラットフォーム for データ共有とコラボレーション、クラウドは機関間の協力を強化し、共通の目標と使命に向けた集団の進歩を推進します。その固有の移植性と相互運用性により、政府は従来の境界を越えることができ、 シームレスなインタラクション 外部の利害関係者やパートナーと。

さらに、将来のニーズ、予算、政府の要件は常に変化しており、組織は物理的なデータセンター資産の構築が短期間で変動し、十分に活用されないままになる可能性があることによる影響を考慮する必要があります。逆に、サプライチェーンの混乱により、必要に応じてリソースを追加する際に未知の障害が生じる可能性があります。

さらに、次のようなプラットフォーム IT とエンジニアリングの目標を直感的なコントロール プレーンで組み合わせることで、HPC の専門家ではない人を含む担当者に対する迅速な立ち上げ時間と簡単なトレーニングが可能になり、同時に落とし穴を回避できます。 カスタムアーキテクチャ 専門技術者による高価な継続的なメンテナンスなど。 

その無数の利点にもかかわらず、 クラウド主導の変革 課題がないわけではありません。文化的な抵抗と変更管理は大きな障壁となり、多くの場合、新しいテクノロジーやプロセスの導入を妨げます。技術的には、どのクラウド プロバイダーを選択するかを決定し、それぞれのプロバイダーでの実装の微妙な違いを理解し、ポリシーと制御メカニズムを作成することは非常に難しいことがわかっています。さらに、国内における雇用の循環的な性質により、 公共部門 従業員の異動の際にも継続性と効率性を確保するには、単一のコントロール プレーン プラットフォームを確立する必要があります。

成功する政府クラウド イニシアチブを作成する

クラウド主導のイノベーションの真の影響を評価するには、公的成果と一致する具体的な成功指標を確立することが不可欠です。それがサービス提供における目に見える改善であれ、データセキュリティの強化であれ、 業務効率の向上、これらの指標は、クラウドの変革力を示す具体的な指標として機能します。これらの指標を追跡および分析することで、政府指導者はクラウドの導入と、最先端のテクノロジーへのアクセスによる望ましい影響を効果的に測定できます。

私たちはテクノロジーの新時代の崖っぷちに立っているため、公共部門のリーダーがクラウド テクノロジーを採用することが不可欠であることが、かつてないほど明らかになりました。クラウドの力を活用することで、政府は革新的な変化の新たな波を導くことができます。 イノベーションを推進する、効率性、そして市民中心。この機会を捉えて、このクラウド主導の革命の可能性を最大限に引き出し、すべての人にとってより明るく、より回復力のある未来への道を切り開きましょう。 は、Impact Level 5 などの新しい認定を追求しながら、業界をリードするセキュリティ体制を維持し続けるため、この取り組みに全力で取り組んでいます。さらに、Rescale のプラットフォームは、700 社を超える最先端の企業を支援するために構築されています。 お客さま 誰がデザインしているのか プレーン, 薬物, 半導体, 自動車など、競争力を維持するために。当社は、政府機関の顧客がそれぞれの分野でリーダーであり続けられるよう、道を切り開いていきます。

デモにサインアップする

Rescale が公共部門の分野をどのように変革しているかについて詳しくご覧ください。

著者

  • デレク・マッコイ

    Derek は、Rescale のエンタープライズ イースト、公共部門、およびグローバル OEM ビジネスを含む、米国東部をカバーする Rescale のエンタープライズ セールス チームの責任者です。 Rescale に入社する前、Derek はソフトウェア部門でさまざまな役職を歴任しました。 Derek は Hewlett Packard でキャリアをスタートし、Vertica 分析ソフトウェア ビジネスのサウスセントラル地域の構築に 4 年間を費やし、IBM では戦略的販売に携わりました。デレクは、マサチューセッツ大学ローウェル校で財務および経営管理の学士号を取得しています。

類似の投稿