HPCクラウドを提供する米国Rescaleが総額1,400万ドルの資金調達を完了 日本市場に注力するためRescale Japan株式会社を設立し、東京オフィスを開設

高速な計算処理を実現するHPC(High Performance Computing)クラウドサービスの業界リーダーであるRescale, Inc. (本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、Founder & CEO:Joris Poort、以下:Rescale)は、トランスリンク・キャピタルをリードインベスターとするシリーズAラウンドで1,400万ドルの資金調達を6月に実施し、併せて、日本オフィスを7月に開設したことを発表します。 今回の資金調達により、Rescale社はグローバル展開を加速し、大手企業でのHPCクラウドサービス採用の拡大を目指すとともに、Rescale Japan株式会社の設立により、日本市場でのサービス展開を加速させていきます。 シリーズAラウンドの実施 今回のラウンドには、トランスリンク・キャピタルの他、Jump Capital、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、マイクロソフト・ベンチャーズ、Two Roads Group、Data Collectiveらが参加しました。今回のシリーズAラウンドにより、累計総額2,000万ドル以上の資金調達をしたことになり、トランスリンク・キャピタルの共同創業者兼マネージングディレクターである大谷俊哉氏が取締役に加わります。 HPCシステムに対する需要が世界的に高まっている中、Rescaleのプラットフォームは、大手企業において、高価な旧来型のオンプレミスシステムから、拡張性が高く、迅速かつ高性能なクラウドインフラへの移行を促進することを可能にします。Rescale設立時にSam Altman、Jeff Bezos、Richard Branson、Paul Graham、Peter Thielなど著名な個人投資家などからの投資を受けました。 大谷俊哉氏は以下の通り述べています。「HPCは200億ドルの市場規模があるものの、旧来型のオンプレミスシステムが多く使用されており、クラウドサービスの利用は一部にとどまっています。Rescaleのプラットフォームは、大手企業がHPCクラウドサービスを利用するうえで、長年の課題であったセキュリティ対策とパフォーマンス向上を実現しました。Rescaleはお客様が必要とする各種ソフトウェアを、複雑な設計なしに最適化された形で利用可能であり、あらゆる業界におけるトップ企業にとって必要不可欠なソリューションとなります。」 またRescaleのFounder &…