プラットフォームの設定

基本設定

管理者は、ジョブをプロジェクトに割り当てることを要求できます。

一般設定プロジェクト

このオプションを有効にすると、一部のメンバーは、グループに割り当てられ、そのグループに予算が割り当てられるまで、ジョブを投入できない可能性があることに注意してください。

管理者は、プラットフォーム上でメンバーに課金情報を表示させるかどうかを管理することができます。このオプションをONにすると、メンバーはジョブセットアップのハードウェア設定ページでコア価格を見ることができるようになります。また、メンバーは自分のアカウントページで毎月の請求書サマリーを確認することができます。

プロジェクトの選択

ジョブの設定

ジョブ設定では、管理者がプラットフォーム上のすべてのユーザーに対して、Default Max Job hoursを設定することができます。

ジョブの設定

ユーザーがRescaleでジョブを設定する際、以下のようにジョブのハードウェア設定ページで Default Max Job hoursを設定することができます。このフィールドで指定された時間数が経過すると、クラスタはシャットダウンされます。

最大ジョブ期間

管理者がデフォルトの期間を設定した場合、すべてのジョブはその指定された期間がデフォルトとなります。ただし、ユーザはこの設定をジョブ上で変更することができます。

管理者設定は、ユーザーがJob Hardware SettingsページのMaximum Job Duration (Hours) フィールドを空白にした場合に、最も有用です。このシナリオでは、ジョブは手動でシャットダウンされるまで実行され続けます。Admin 設定はこれを防ぎ、Admin が指定した Maximum Job Duration がデフォルトになります。

ファイルの設定

管理者は、プラットフォーム上のすべてのユーザーに対して、ファイルの有効期間を設定することができます。

ファイルアーカイブ設定

Move all filesオプションをオンにすると、入力ファイルまたは出力ファイルとしてRescaleにアップロードされたすべてのファイルが、指定された日数後に自動的にアーカイブ(ゴミ箱)されます。アーカイブされたファイルには引き続き保存料金がかかりますが、必要に応じて復元することができます。この設定は、デフォルトではオフになっています。

ファイル削除設定

Permanently delete filesオプションをオンにすると、指定した日数後にすべての アーカイブされたファイルが自動的に削除されます。これらのファイルは永久に削除され、復元することはできません。デフォルトでは、このオプションはオンになっており、デフォルト値はXNUMX日です。

リージョン別プラットフォーム設定へのリンク

特定の地域のプラットフォームにアクセスする必要がある場合、次の表は、それぞれのリージョン固有のプラットフォームの設定ページへのリンクを含んでいます。

Platform Regionダッシュボードリンク
United StatesUS Settings
European UnionEU Settings
日本JP Settings
South KoreaKR Settings