ANSYS Fluent バッチ チュートリアル

このチュートリアルでは、ANSYSのジョブをRescaleプラットフォームにバッチでサブミットする方法を紹介します。各ANSYSソフトウェアから入力ファイルを作成し、Rescaleジョブを開始し、投入し、結果をANSYSに転送します。

前処理(ジオメトリ、メッシュ/モデルなど)はすでに完了し、ソルバーやセットアップの設定もすべて決定しています。RSMによるジョブ投入とは異なり、Rescale Desktopsを起動する必要はありません。ANSYSのソフトウェアとライセンスを使用するか、または弊社に連絡してElastic License Units(ELU)を購入することができます。

このセクションでは、ANSYS Fluent のジョブをバッチで解きます。このチュートリアルに従うために必要なファイルを入手するには、下のImport Job Setupリンクをクリックし、ファイルをホストしているジョブをクローンしてください。次に、ジョブのSaveをクリックして、Rescaleのクラウドファイルにファイルのコピーを用意します。

Import Job Setup Get Job Results

入力ファイルは以下の2つです。

tjunction_plot.cas.gz 圧縮されたケースファイル

run_plot.jou ジャーナルファイル

Caseファイル、Journalファイルの作成

このセクションでは、ANSYS Fluent のジョブをバッチで解きます。このチュートリアルに従うために必要なファイルを入手するには、下のImport Job Setupリンクをクリックし、ファイルをホストしているジョブをクローンしてください。次に、ジョブのSaveをクリックして、Rescaleのクラウドファイルにファイルのコピーを用意します。

入力ファイルは以下の2つです。

tjunction_plot.cas.gz 圧縮されたケースファイル

run_plot.jou ジャーナルファイル

Caseファイル、Journalファイルの作成

このチュートリアルの例は、ANSYS Fluent バージョン 18 を使用した、異なる温度の XNUMX つの流体の T 字接合です。 tjunction_plot.cas.gz はすでに利用可能です。 ケースファイルを作成する手順は次のとおりです。

  • Fluent で、 File タブをクリックし、[エクスポート] > [ケース…] を選択すると、ウィンドウ ブラウザが開きます。
  • ファイルに名前を付けます。 .cas or .cas.gz 拡張子を選択し、このファイルをエクスポートする場所を選択します。

このファイルには、標準のワークフローに従って、すべての前処理設定、および GUI で構成されたソルバーと物理セットアップが含まれています。

また、バッチ実行中に Fluent を使用して実行する必要なすべてのコマンドを含むジャーナル ファイルも必要です。 ジャーナルファイル run_plot.jou はすでに利用可能です。 ジャーナル ファイルを作成する手順は次のとおりです。

  • Windows エクスプローラー ウィンドウで、マウスを右クリックし、[新規作成] > [テキスト ドキュメント] (または他の OS の場合は同様のもの) をクリックします。
  • ファイルに拡張子を付けた名前を付けます .jou。 ファイル拡張子の変更を受け入れます。
  • ファイルをダブルクリックして開き、ジャーナル コマンドを入力して、ファイルを保存します。

ジャーナル ファイルは次のようになります。

/file/set-batch-options no yes yes no
/file/read-case tjunction_plot.cas
/solve/initialize/initialize/
/solve/iterate 500
/file/write-case-data tjunction_plot%i.cas.gz
/exit yes

上に示したジャーナル ファイルは、ケース ファイルを読み取り、バッチ オプションを設定し、初期化し、計算を 500 回反復して実行し、最後に、解が所定の制限値に収束したときにケースとデータ ファイルを書き込みます。

このファイルは、 ANSYS Fluent Text ユーザー インターフェイス (TUI)。 特定のテキスト インターフェイス コマンドの使用方法の詳細については、ANSYS オンライン ドキュメントを参照してください。 ここ.

Rescaleジョブのセットアップ

必要なANSYS Fluentのファイルを入手したら、今度はRescaleでBasicジョブを投入します。Basicジョブの立ち上げについては、こちらのチュートリアルをご参照ください。

セットアップ: 入力ファイル

  • Rescale プラットフォームに移動し、 をクリックします。 + New Job 左上にあります。 ジョブに名前を付けて、 Basic に設定されています Basic.
  • 次に、ジャーナル ファイルとケース ファイルを入力ファイルとしてアップロードします。

セットアップ: ソフトウェア設定

 Next に移る ソフトウェアの設定 セットアップのセクション。

  • 下にスクロールするか、検索バーを使用して、「ANSYS Fluent」を選択します。 の   が表示され、バージョン 18.0 を選択します。
  • コマンド ウィンドウでは、山括弧の下にジャーナル ファイル名を指定する必要があります。 。 溶液の残留物も確認したいと思います。 これを行うには、 -区 オプションを選択します。
  • 次の下 ライセンシング オプション選択 既存のライセンスを使用する そしてANSYSを入力してください 以下の接続ポート番号 ライセンス & ANSYSライセンス インターコネクト 。

このチュートリアルでは、ソフトウェア設定ページは次のようになります。

セットアップ: ハードウェア設定

次のステップは、ジョブに必要なハードウェアを選択することです。 クリックしてください ハードウェアの設定 のアイコンをクリックします。

  • あなたの希望を選択してください このジョブに使用するコアのタイプと数を指定します。 このチュートリアルでは、次を選択します エメラルド そして4コア。

あなたの ハードウェアの設定 画面は次のようになります。

セットアップ: レビュー

このチュートリアルには後処理設定はありません。 クリックしてください レビュー アイコン。 設定が正しいことを確認してください。 基本的な仕事の概要 テーブル。 次のようになります。

ジョブの送信と監視

設定を確認したら、ジョブを送信する準備が整います。 クリック 送信 そしてあなたはそこから先に進みます   のページ Status: Rescale プラットフォームのページ。 ここでは、ガント チャートのような形式でジョブの進行状況を監視したり、日付と時刻がスタンプされたログを確認したり、ジョブのステータスと出力をライブ テールで確認したりできます。 ライブテール 窓。 Rescaleの「モニタリングステータス」に関するガイドが見つかりました ここ.

この例では、 反復ごとに残差プロットを出力します。これは、 Live Tailing 窓として residual.jpeg ファイル。 このグラフはいつでも開いて、ソリューションの収束の進行状況を監視できます。

結果の表示

ジョブが完了したら、ローカルのワークステーションまたはRescaleデスクトップで結果を見ることができます。どちらの方法も以下に紹介します。

ローカルワークステーションで

ジョブが完了すると、ダウンロードしたいファイルを選択することができます。

注:大きな出力ファイルがある場合、WindowsユーザはRescale Transfer Manager(RTM)を使用して、オンプレミスのワークステーションにファイルを高速にダウンロードすることをお勧めします。RTMの詳細については、こちらをご覧ください。LinuxまたはMacユーザは、Rescale CLIを使用して、より大きな出力ファイルをダウンロードすることができます。

  • 完了したジョブの結果ページに移動し、 tjunction_plot0245.dat.gz
  •     をクリックします。入力したコードが正しければ、MFAの設定は正常に完了します 選択したファイルをダウンロードする、コンピュータにダウンロードされるまで数秒かかります
  • 起動する 流暢 。 に行く File タブ、[選択] インポート > データ… 、ソリューション データ ファイルをロードします。

Rescaleデスクトップ上で

ジョブが完了したら、以下の手順でRescaleデスクトップ上に結果を表示します。

デスクトップセッションを設定する。

  •  1.Choose Configuration ドロップダウンで、デスクトップセッション用のハードウェアを選択します。 
  •  2.Add Software のドロップダウンで、ANSYS Structures Desktopを選択します。 ANSYS 流体デスクトップ
  •  3.Jobs のドロップダウンで、名前を入力したり、リストを参照したりして、追加したいジョブを探します Add クリックすると、デスクトップにジョブが追加されます。
  • Desktop セッションを開始したら,Rescale のデスクトップにある 流暢
  • Fluent で、 File タブ、[選択] インポート > データ… 。 マップされたディレクトリに移動します。 Z: ドライブにマップするのが一般的ですが、設定によっては、アタッチされたジョブが X: または Y: ドライブに存在する場合もあります。 クリック tjunction_plot0245.dat.gz ファイルを選択してソリューション データ ファイルをロードし、クリックします Open

この時点で、Ansys Fluent シミュレーションを対話的に解決した後に通常行うのと同様に、後処理アクティビティに進むことができます。

ANSYS Fluent には、ユーザーが物理およびソルバーのセットアップの動作を変更または拡張できる機能もあります。 ユーザー定義関数 (UDF) を使用して、境界条件、物理的および化学的プロセス、熱伝達、相変化を課すなどのアクションを実行できます。

このセクションでは、Rescale プラットフォームのバッチ モードで Fluent User Defined Functions (UDF) を使用する手順を示します。

このガイドでは、Fluent ジョブでコンパイルできる UDF がすでに開発されていることを前提としています。 UDF の作成またはデバッグに関するサポートが必要な場合は、ANSYS サポートに直接お問い合わせください。 がここにあります ガイド Fluent での UDF の使用に関する ANSYS による。

バッチでの UDF のコンパイル

バッチ実行中に UDF を利用するには、まず UDF ソース コードをコンパイルし、Fluent からアクセスできるようにする必要があります。 メインのソリューションの解決または反復プロセスの前に、実行時に UDF をコンパイルするワークフローを示します。 これを行うには、既存のジャーナル ファイルの例にコマンドを追加します。 ワークフローとコンパイル ライブラリのサイズに応じて、これらの UDF ライブラリを事前にコンパイルし、入力ファイルとしてバッチ ジョブに含めることができます。 ただし、一般に UDF は単純なコードであるため、実行時のコンパイルは短い操作で済み、プラットフォームの不一致を回避できます。

ジャーナル ファイルの例

以下は、ユーザーが作成したジャーナル ファイルをコンパイルするジャーナル ファイルの例です。 custom_UDF.c ファイルを現在のディレクトリに (ジャーナル ファイルとともに) ロードし、結果として得られる UDF ライブラリをロードします。 UDF はデフォルトのライブラリ名でコンパイルされます。 libudf そして、共有ライブラリを使用して、対応する名前のディレクトリ構造を作成します。

ここでは、コンパイルとロードのコマンド (図に示されています) 大胆な) は順次であり、ソリューションの初期化前に行われます。 ただし、これらの操作はワークフローに適合する場所であればどこでも実行できます。

/file/set-batch-options いいえ はい はい いいえ /file/read-case example.cas
/define/ユーザー定義/コンパイル済み関数 コンパイル libudf はい Custom_UDF.c "" /define/ユーザー定義/コンパイル済み関数 ロード libudf
/solve/initialize/initialize /solve/iterate 1000 /Parallel/timer/usage /file/write-case-data example-%i.cas /exit はい

ここで注意すべき構文が XNUMX つあります。 XNUMX つ目は、UDF ソース コード ファイル名の後に XNUMX つの二重引用符があることです。 "" 現在。 XNUMX 番目は、 compile 指示。 これにより、コンパイル関数は、後続の行をコンパイルに含める追加のファイル名として処理しようとしなくなります。 空行はコンパイル コマンドの後に必要ですが、load コマンドの前後に置く必要はありません。

明示的な UDF 呼び出しの実行

場合によっては、境界条件を設定したり、何らかの後処理ステップを実行したりするために、解法プロセスの前後に UDF 関数を呼び出す必要があることがあります。 次のコマンドを使用して、ジャーナル ファイル内でその UDF 関数を明示的に呼び出すことができます。 execute-on-demand 必要に応じて次のように呼び出します。

/define/ユーザー定義/オンデマンド実行 "関数名::libudf"

複数のノードで実行

もう XNUMX つ注意すべき点は、UDF 関数呼び出しの性質上、すべてのノードがコンパイルされた UDF ライブラリにアクセスする必要があることです。 デフォルトでは、ANSYS Fluent ジョブは次の環境で実行されるように設定されています。 ~/work head に対してローカルなディレクトリ 。 関数の動作によっては、ワーカー ノード プロセスが共通のファイルまたはライブラリにアクセスする必要がある場合があります。 この場合、ジョブは NFS マウントされたディレクトリから実行する必要があります。 ~/work/shared。 そのため、Fluent を起動する前に、「ソフトウェア設定」ページでディレクトリの移動コマンドと変更コマンドを追加するだけです (ジャーナル ファイルではありません)。

mv * 共有 cd 共有 Fluent 3ddp -gu -ssh -cnf=$FLUENT_HOSTS -t$RESCALE_CORES_PER_SLOT -i example.jou

繰り返しになりますが、複数のコアで実行している場合は、   ノードの場合、そのノード上のすべてのコアがローカル ファイル システムにアクセスできるため、この手順は不要です。