ANSYS Savant バッチ チュートリアル

このチュートリアルでは、Rescale社のScaleXプラットフォームでANSYS Savantのシミュレーションをバッチモードで実行する方法を紹介します。Rescaleプラットフォームに慣れてきたら、ニーズに合わせてワークフローをカスタマイズすることができます。Rescaleのバッチに関する基礎知識は、こちらのガイドをご参照ください。

このチュートリアルは、E-2C航空機に設置されたXNUMXつのアンテナ間の広帯域アンテナ結合(アイソレーション)のシミュレーションに基づいています。

ANSYS サヴァンモデル

このチュートリアルに従うために必要なファイルを入手するには、下の “Job Setup” リンクをクリックし、ファイルをホストしているジョブをクローンしてください。次に、”Save” アイコンをクリックして、Rescale のクラウドファイルにファイルのコピーを用意します。

注:このジョブを直接実行することもできますが、このチュートリアルを続けるためには、ジョブを直接送信しないでください。シミュレーション入力アーカイブファイル test.savant.7z をあなたのアカウントにインポートするために、ジョブのクローンを作成しています。また、”Get Job Results “をクリックすると、ジョブの結果を得ることができます。



  • まず、Rescale プラットフォーム Web UI で「デスクトップ」オプションを選択します。
  • 左上隅にある「新しいカスタム デスクトップ」ボタンを選択します。 これにより、「デスクトップ構成」ページが表示されます。 デスクトップに名前を付けます。 ここでは、このデスクトップに「ANSYS Savant Desktop」という名前を付けました。
  • 「1. 「構成を選択してください」で、基本設定を選択します Windows 構成。
  • 「2.」のドロップダウンメニューを展開します。 ソフトウェアを追加してください。」 検索するか、メニューから選択します。 ANSYS Savant デスクトップ.
  • 「ライセンスの選択 – ANSYS Savant Desktop」ポップアップ メニューが表示されます。 適切な ANSYS ライセンス情報を入力し、「OK」をクリックして続行します。
  • 使用する Savant のバージョンも選択できるようになりました。 私たちが選択します 19.0 このチュートリアルでは、
  • 「3.」のドロップダウンメニューを展開します。 ジョブを追加します。」 ここでも、複製したジョブを検索するか、メニューから選択できます。 ANSYS Savant チュートリアル。 アクションの下にある「追加」をクリックします。
ANSYS Savant デスクトップ
  • をクリックすると、デスクトップの起動を開始できます。 "発売" ページの右下隅にあるボタン。 これにより、確認ダイアログが表示されるはずです。
  • 設定が正しいと思われる場合は、このメニューの「起動」をクリックしてデスクトップを起動します。 。 新しい Windows サーバーを起動するには、このプロセスに約 5 ~ 10 分かかります。 。 サーバーのステータスを更新するには、数分ごとにページを更新してください。 「4. 「ログ」メニューに「サーバーが開始されました」というメッセージが報告されると、デスクトップが使用できるようになります。
  • セットアップボタンをクリックすると、セットアップが開始されます "接続" ボタンをクリックして接続オプションを表示します。 独自の Windows RDP クライアントを使用して接続するか、この場合に使用する「ブラウザ内デスクトップ」を使用して接続するかを選択できます。 を参照してください。 ガイド Windows RDP および Rescale デスクトップの構成の詳細については、「Windows RDP」を参照してください。

ANSYS Savant ジョブを実行するには、 .savant.7z ANSYS Electronics デスクトップからプロジェクト アーカイブ ファイルをダウンロードします。 このファイルは、ローカルの ANSYS Electronics デスクトップに作成できます。 Rescale には、リモート デスクトップ オプションも用意されており、 アンシスサヴァント 次のセクションで説明するように、デスクトップでソフトウェアを使用します。

ANSYS Electronics デスクトップからの入力ファイルの作成

  • Windows デスクトップに接続したら、起動します アンシスサヴァント ダブルクリックして サヴァン 19.0 デスクトップにショートカットが見つかりました。
  • デスクトップで、次の場所に移動します。 Attached_jobs > [ジョブフォルダー] > 入力。 入力フォルダーには、アーカイブされたプロジェクトが含まれます。 .savant.7z フォーマット。 これを右クリックし、「7-Zip > ここに抽出..」オプションを選択します。 あ .savant カレントディレクトリにプロジェクトフォルダが作成されます。
ANSYS Savant エキス
  • Savant プロジェクトを開くには、Savant GUI で、 [ファイル] > [プロジェクトを開く] そして、抽出されたファイルを選択できる入力フォルダーに移動します。 .savant プロジェクトフォルダー。
  • 独自の ANSYS Savant プロジェクトを使用したい場合は、プロジェクトを Rescale クラウドにアップロードし、起動した Savant デスクトップにダウンロードできます。 を参照してください。 ファイル転送 のセクション Rescale Cloud ファイルへのアップロード & Rescale Cloud ファイルからのダウンロード.
  • Savant ケース ファイルに必要な変更を加えた後、プロジェクトを目的の場所に保存します。
  • 続行する前に、このプロジェクト フォルダーをアーカイブする必要があります。 フォルダーを右クリックして選択し、このフォルダーを圧縮/アーカイブします。 7-Zip>アーカイブに追加…。 プロジェクトは次の名前で保存されます。 .savant.7z 形式でダウンロードすることができます。

ローカルデスクトップから入力ファイルを作成する

  • 続行する前に、このプロジェクト フォルダーをアーカイブする必要があります。 このフォルダーを右クリックして、圧縮/アーカイブします。 .savant プロジェクトフォルダーと選択 7-Zip>アーカイブに追加…。 プロジェクトは次の名前で保存されます。 .savant.7z 形式でダウンロードすることができます。

アーカイブされたプロジェクト ファイルを Rescale Cloud にアップロードする

  • アーカイブされたファイルを作成した場合 .savant.7z Rescale デスクトップからファイルをアップロードする場合は、デスクトップ上の「クラウド ファイル」アイコンをクリックして、ファイルを Rescale にアップロードできるようになりました。 「このコンピュータからアップロード」オプションを選択します。 ファイルのパスに移動し、新しくアーカイブされたファイルを選択します。 .savant.7z.
ANSYS Savant クラウド ファイル
  • アーカイブされたシミュレーション プロジェクトをローカル デスクトップ環境から作成した場合は、Web UI ファイル オプションから同様にファイルをアップロードできます。

シミュレーションの準備と Rescale Cloud へのファイル のアップロードが完了したため,ANSYS Savant GUI の使用は一旦終了しました.このデスクトップ・インスタンスをシャットダウンすることができます。シミュレーション終了後にポスト処理を行うために、インスタンスを起動したままにすることもできます。

  • Rescale Web UIで、"Desktops "を選択します。
  • Desktopインスタンスの下にある "Select "ボックスをチェックします。このインスタンスは、先に名前を付けておけば、簡単に識別できるはずです。
  • ページ上部にある赤い「終了」ボタンをクリックすると、このインスタンスがシャットダウンされます。
  • Rescaleデスクトップの使用方法については、こちらのガイドを参照してください。

このセクションでは、アーカイブされたファイルを送信する方法を説明します。 .savant.7z ANSYS Savant GUI から作成したもの。 新しいジョブを開始するには、Rescale プラットフォームにログインし、 + New Job 左上隅のボタン。 基本的なジョブの起動の詳細については、チュートリアルを参照してください。 ここ.

入力ファイル

  • まず、バッチの実行に必要な入力ファイルを含める必要があります。 ANSYS Savant の場合は、アーカイブされたファイルを含める必要があります。 .savant.7z 前のセクションで示したように作成したファイル。
  • アーカイブされたプロジェクトをローカルに作成した場合は、 Upload from this computer オプション。 Rescale クラウド上に入力プロジェクトがある場合は、 からのファイルを使用します 作成したプロジェクトを検索します。 入力ファイルを含めた後、ソフトウェア設定オプションをクリックします。
  • アーカイブをアップロードしたので、 .savant.7z プロジェクトの場合、Rescale はこれを自動的に検出し、バッチの実行前に解凍します。 解凍オプションの横にあるチェックマークが選択されていることを確認してください。
ANSYS Savant ジョブの開始

ソフトウェア設定

  • ソフトウェア設定ページで、次を検索します アンシスサヴァント ソフトウェアを選択してクリックします。
ANSYS Savant ソフトウェアの設定
  •   分析オプション ウィンドウが開き、ソフトウェア バージョンを選択し、ANSYS Savant バッチ ジョブを実行するコマンドを編集できます。 このチュートリアルでは、 19.0 ANSYS Savant のバージョンとして。 コマンド ラインで、** ** プレースホルダーをプロジェクト名に置き換えます。 だけを入力してください .savant Rescale はバッチの実行前に自動的に抽出するため、アーカイブされた拡張子ではなく拡張子が抽出されます。
ANSYS Savant コマンド

ハードウェアの設定

  • ハードウェア設定ページでは、 コアの種類と数。 この例では、コア タイプを次のように選択します。 エメラルド & コア数 = 8。 ハードウェアの概要は、jot セットアップ ページの右側にあります。
ANSYS Savant ハードウェア
  • このチュートリアルでは「後処理」オプションを指定する必要はありません。

自分の仕事を監視する

  • 選択内容を確認した後、この時点でケースをバッチ送信できるようになります。
  • いずれかのジョブ設定ページの右上隅、または「レビュー」ページの中央にある青い「送信」ボタンをクリックします。
  • あるいは、ジョブを送信する代わりに、問題の設定を「保存」して後で実行することもできます。
  • ジョブのステータスを監視し、ジョブに関する情報を取得できます。 リアルタイムで。 ここでは、出力のライブテーリングを確認できます。 process_output.log ケースが開始されると、次のようになります。
ANSYS Savant 監視ジョブ
  • Rescaleの「ステータスの監視」に関するガイドはこちらをご覧ください。 ここ.
  • ジョブの実行が完了すると、「結果」ページからすべての出力ファイルを「ダウンロード」できます。 別の Savant Desktop を起動し、このジョブをアタッチして後処理を実行することもできます。
  • Rescale の「ジョブ結果の管理」に関するガイドが見つかります。 ここ.
  • 完了したジョブを添付すると、Rescale は XNUMX つのフォルダーを作成します。 & run1 内部 デスクトップ > 添付ジョブ > [ジョブフォルダー] folder.フォルダ。 Theザ・ run1フォルダー results savant プロジェクトが含まれます .savant.
  • 結果を表示するには、ANSYS Savant デスクトップを開き、**ファイル > プロジェクトを開く** に移動します。 に移動しました run1 フォルダーを選択して、 .savant プロジェクトフォルダー。 結果は、セットアップとともに ANSYS Savant GUI に自動的にロードされます。 ソフトウェアの後処理に進むことができます。
ANSYS サヴァンの結果