End-to-End デスクトップを使用したANSYS Workbenchのジョブ投入

概要

End-to-end Desktopsは、Rescale上でシームレスなHPC体験を実現します。End-to-End Desktopsは、クラスタのヘッドノードにデスクトップ可視化機能を搭載したバッチ計算クラスタです。ユーザーが解析ソフトウェアから直接ジョブ設定を操作するためのユーザーインターフェイスを提供します。

End-to-End デスクトップの特徴

  • バッチジョブの投入をインタラクティブに操作できるようになります。オンザフライでジョブを監視することができます
  • 自動化されたプロセスにより、クラスタ全体にバッチジョブの投入を分散させることが可能
  • いつでも解析を一時停止し、ジョブの入力やパラメータを編集して、解析を再開または再実行することができます。
  • ジョブの結果は、ジョブの完了中および完了直後に表示できます。 遅れることなく
  • バッチジョブからDesktopセッションへ、またはその逆も自動的に同期されます。
  • 可視化のための追加料金はかかりません

主な注意事項

  • デスクトップセッションは、CentOS Linux
  • ファイルは デスクトップセッションのディレクトリ
  • クラスタをシャットダウンするには、ユーザーが明示的にジョブを終了させる必要がある
  • セッションファイルはワークフォルダに保存し、その後プラットフォーム上の「Results」のジョブファイルにアップロードする必要があります。

ANSYS Mechanical 設計ポイント解析チュートリアル

このチュートリアルでは,End-to-End デスクトップを使用して ANSYS Workbench ジョブを投入する方法と,2 ノードクラスタ上でパラメータスイープを行う ANSYS Workbench プロジェクトをセットアップする方法について説明します.

ワークステーションにジョブを投入するユーザーは、ワークステーション上のリソースに制限されます。ANSYS社では、ジョブをスケールアップして、より大規模なリモートクラスタに投入するオプションが用意されています。しかし、このワークフローは複雑です。End-to-End デスクトップはこのプロセスを自動化するため、大規模なクラスタに簡単にジョブを投入することができます。ANSYSの最適化およびパラメータスイープは複雑ですが、End-to-End Desktopsを使用すれば、Rescaleプラットフォーム上でこのようなジョブをシームレスに実行することができます。

手順は以下の通りです。

  • セットアップボタンをクリックすると、セットアップが開始されます + New Job ダッシュボードの左上隅にあるアイコン
  • ジョブに名前を付けます
  • ソフトウェアの制限をクリック Upload from this computer ワークベンチ アーカイブが保存されている場所を参照します。 ファイルを選択してクリックします Open
e2e-attach-wb-file-job
  • にジャンプします ソフトウェアの設定 ページでジョブの種類を選択します エンドツーエンドのデスクトップ
  • 選択 ANSYS インタラクティブ ワークフロー
  • ソフトウェアの制限をクリック 次へ
e2e アタッチ ソフトウェア
  • ソフトウェアのバージョンを次のように選択します 2019 R2
  • 希望するものを選択してください オプション Rescale License を使用している場合は、 オンデマンドライセンスを使用する 以下に示すようにボックスをチェックします。 また、同意するボックスにチェックを入れてください。 ソフトウェア使用許諾契約書。 あるいは、独自のライセンスを使用しているユーザーは、 既存のライセンスを使用する 関連するライセンス情報を指定します。
  • ソフトウェアの制限をクリック 次へ
    e2e-ソフトウェアライセンス
  • ソフトウェア設定ページで、下図のように ハードウェアの設定 ページで、シミュレーションを実行するハードウェア構成を選択します。 この例では、 エメラルド 以下に示すハードウェア
  • をセットする ノードの数 〜へ 2
  • また、シミュレーション終了後にクラスタが終了するように適切な経過時間を設定してください。
  • 今、あなたはクリックすることができます 送信 画面の右上にある
e2e-ハードウェア設定

ジョブが起動すると、バッチジョブとよく似た表示になりますが、画面右上にインタラクティブセッション接続のボタンが追加されている点が異なります

  • に行きます [ステータス]タブ ジョブの送信の進行状況を表示するには
  • ソフトウェアの制限をクリック インタラクティブセッションに接続する 画面の右上にあります。 これにより、Linux を実行しているエンドツーエンド デスクトップのブラウザ内デスクトップ セッションが開きます。 あるいは、選択した VNC クライアントを使用してデスクトップに接続することもできます。 これを行う方法については、こちらをご覧ください。 (茶事の話はこちらをチェック).
e2e-ジョブ-ステータス
  • デスクトップが起動すると、次のアイコンが表示されます。 ANSYS Workbench。 アイコンをクリックして起動します
e2e-launch-ansys-wb
  • Once ANSYS Workbench が起動されるので、クリックします File クリックして Open。 を参照してください shared 以下に示すようにフォルダーを選択し、入力ファイルを選択します。 クリック Open。 ファイルを保存するように求められます。 クリック Save 同じフォルダ内
e2e-オープン-wb-プロジェクト
  • プロジェクトの回路図が表示されます。 を右クリックします 計測パラメータ をクリックします。入力したコードが正しければ、MFAの設定は正常に完了します プロパティ
    このワークベンチ プロジェクトでは、力が変化し、出力は等価応力になります。 デザインポイントは8つです。 次のいくつかの手順では、この分析を送信してクラスター全体に分散する方法を示します。
e2e-wb-パラメータのプロパティ
  • ソフトウェア設定ページで、下図のように パラメータセット タブが表示されます ソリューションプロセスの設定。 次の設定を使用します。
    更新オプション select リモートに送信 マネージャー。 セットする RSM キュー 〜へ ローカル。 これにより、デフォルトでジョブを配布できるようになります。
  • 設計ポイントの更新プロセスの場合は、次の設定を使用します。 セット 仕事の提出 〜へ 設計ポイントごとに XNUMX つのジョブ。 セットする コンポーネント実行モード 〜へ 並列シミュレーションの設定。 セットする プロセス数 〜へ 4。 8 つの設計ポイントはそれぞれ 4 コアを使用するため、合計 32 コアが使用されます。
  • ライセンスのチェックアウト、オプションを次のように設定します オンデマンド。 各ジョブは、このオプションを使用してライセンスをチェックアウトします。 他のオプションは使用することです 予約済みライセンス これにより、パラメトリック パックを使用できるようになります。これは、パラメトリック実行にとってより現実的なオプションとなる可能性があります。
e2e-wb-プロセッサー
  • 今すぐ右クリックしてください パラメータセット をクリックします。入力したコードが正しければ、MFAの設定は正常に完了します 設計ポイントの更新.
e2e-ジョブモニター

ジョブの実行が完了すると、結果がアップロードされます。

  • 結果を確認するには、 をダブルクリックします。 パラメータセット。 結果は以下に表示されます デザインポイント一覧 下に示すように
e2e-パラメータ-アウトライン
  • ANSYS Workbench プロジェクトを保存します。 ファイルは自動的に次の場所に保存されます。 フォルダ
  • ジョブを終了してデスクトップセッションを終了します。 に保存されたファイルはすべて、 フォルダーは以下のジョブ ファイルにアップロードされます 結果 プラットフォーム上