ANSYS OptiSLang チュートリアル

このチュートリアルでは、OptiSLang最適化ANSYS workbenchプラグインの活用をご紹介します。この例では、Rescaleプラットフォーム上でEnd to End Desktopsを使用します。End To End Desktopsの詳細については、こちらをご覧ください。各ANSYSソフトウェアから入力ファイルを作成し、Rescaleジョブを開始し、サブミットし、インタラクティブセッションを開き、結果をANSYSに転送します。

ワークステーションにジョブを投入する場合、ワークステーション上のリソースに制限されます。ANSYSでは、スケールアップしてより大きなリモートクラスタにジョブを投入するオプションが用意されています。しかし、ワークフローは複雑です。End-to-End Desktopsはこのプロセスを自動化するため、大規模なクラスタに簡単にジョブを投入することができます。ANSYSの最適化およびパラメータスイープは複雑ですが、End-to-End Desktopsは、Rescaleプラットフォーム上でこのようなジョブを実行するシームレスな手法を提供します。

このチュートリアルのジョブファイルは、以下のImport Job Setupボタンをクリックすることでアクセスすることができます。チュートリアルをダウンロードする

このセクションでは、まずジョブの入力ファイルについて説明します。この例の入力ファイルは、モーターNVH最適化ワークフロー用のものです。これは、Maxwellからの電磁力から構造調和と音響への結合を含んでいます。

ケース説明

  • Maxwell:2D Transient
  • Structural: 3D Harmonic
  • Acoustics: 3D Harmonic
  • Interested frequency range: 2000 - 4800 Hz
Machine TypeInternal Permanent Magnet Adjustable Speed Motor
Rated Output Power75kW
Number of Poles8
Stator Teeth48
Rated Speed3000rpm

まず、入力ファイルをRescaleプラットフォームにアップロードする必要があります。Rescaleプラットフォーム上で、以下のアクションを事前に実行します。

  • Rescaleプラットフォームにログインします
  • セットアップボタンをクリックすると、セットアップが開始されます + New Job ダッシュボードの左上隅にあるアイコン
  • ジョブに適切な名前を付けます
  • ソフトウェアの制限をクリック Upload from this computer ワークベンチ アーカイブが保存されている場所を参照します。 ファイルを選択してクリックします Open
  • 次に、ページの右下隅にある「次へ」をクリックして、ソフトウェア設定に進みます。
入力設定

入力ファイルのジョブへの取り込みが完了したので、次は利用するソフトウェア環境を選択します。

ソフトウェアの設定

  • ラベルの付いたボックスをチェックする ワークステーション ワークフロー図のすぐ下にあります。
  • セットアップボタンをクリックすると、セットアップが開始されます +ソフトウェアを追加 ボタン、キーワードで検索 ANSYS をクリックし、メニューからワークベンチ ソフトウェア v19.2 を選択します。
  • 希望するものを選択してください オプション。 Rescale ライセンスを使用する場合は、 オンデマンドライセンスを使用する 以下に示すようにボックスをチェックします。 また、ソフトウェア使用許諾契約に同意するボックスにチェックを入れます。
ソフトウェアの設定
  • または、独自のライセンスを使用している場合は、 既存のライセンスを使用する 関連するライセンス情報を指定します。
  • 「次へ」をクリックしてハードウェア設定に進みます。

[ハードウェア設定] ページでは、シミュレーションを実行するハードウェア構成を選択できます。
このチュートリアルでは、選択します。

  • 基本 タイプ: エメラルド オンデマンドオプションあり
  • コア数: 18
  • ハードウェアの概要ページには、 ハードウェアの設定 選択されているもの (以下を参照):
  • 必ず設定してください ジョブの最大期間 シミュレーション後にクラスターが終了するようにする
  • 今、あなたはクリックすることができます 送信 画面右上の をクリックしてジョブを起動します
ハードウェアの設定

ジョブが開始されると、追加のボタンを備えたバッチ ジョブに非常によく似ていることがわかります。 インタラクティブセッションに接続する 画面の右上にある

  • に行きます [ステータス]タブ ジョブの送信の進行状況を表示するには
  • ソフトウェアの制限をクリック インタラクティブセッションに接続する 画面の右上にあります。 これによりブラウザ内が開きます ワークステーション それは Linux を実行しているということです。 あるいは、選択した VNC クライアントを使用してローカル デスクトップに接続することもできます。 これを行う方法については、こちらをご覧ください。 (茶事の話はこちらをチェック).
e2e-ジョブ-ステータス
  • デスクトップが起動すると、次のアイコンが表示されます。 ANSYS Workbench。 アイコンをクリックして起動します
e2e-launch-ansys-wb
  • Once ANSYS Workbench が起動されるので、クリックします File クリックして Open。 を参照してください shared 以下に示すようにフォルダーを選択し、入力ファイルを選択します。 クリック Open。 ファイルを保存するように求められます。 クリック Save 同じフォルダ内

以下の画像のようにプロジェクトの回路図が表示されます。 次のいくつかの手順では、この分析を送信してクラスター全体に分散する方法を示します。

OptiSLang ワークベンチ

プロジェクトの回路図が表示されたら。 [パラメータ] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。 このワークベンチ プロジェクトでは、力が変化し、出力は等価応力です。 デザインポイントは8つです。 次のいくつかの手順では、この分析を送信してクラスター全体に分散する方法を示します。

  • ソフトウェア設定ページで、下図のように パラメータセット タブが表示されます ソリューションプロセスの設定。 次の設定を使用します。 [更新オプション] で [** リモートに送信] を選択します。 マネージャー**。 RSMの設定 キュー 〜へ ローカル。 これにより、デフォルトでジョブを配布できるようになります。
  • 設計ポイントの更新プロセスの場合は、次の設定を使用します。 ジョブの送信を次のように設定します 設計ポイントごとに XNUMX つのジョブ。 コンポーネント実行モードを次のように設定します。 並列シミュレーションの設定。 セットする プロセス数 〜へ 2。 8 つの設計ポイントはそれぞれ 2 コアを使用するため、合計 16 コアが使用されます。 Emerald 設定では 16 は許可されないため、ハードウェア設定は合計 18 コアに設定する必要があります。
  • ライセンスのチェックアウト、オプションを次のように設定します オンデマンド。 各ジョブは、このオプションを使用してライセンスをチェックアウトします。 他のオプションは使用することです 予約済みライセンス これにより、パラメトリック パックを使用できるようになります。これは、パラメトリック実行にとってより現実的なオプションとなる可能性があります。

Nextをクリックすると、Reviewを確認することができます。

4 Maxwell では次のような入力パラメータが設定されています。

  • スロット開口部の幅 (Slot_Open)
  • スロット開口部の高さ (Slot_Open_Height)
  • ローター上の Q 軸磁路幅 (Qaxis_Width)
  • エアギャップ付近のローター磁気ブリッジの厚さ (Flux_Bridge)

右側のツールボックスに移動し、optiSLang プラグインをドロップダウンして、プロジェクト回路図に感度システムを追加します。 ワークステーションがワークベンチ パラメータ セットに接続されていることを確認します。
感度を開いた状態で、パラメータの選択と範囲を次の設定に設定します。

  • Zlength_m と Speed_mech_rpm を定数に設定します
  • XNUMX つのパラメータの範囲を次のように設定し、「次へ」をクリックします。
OptiSLang ワークベンチ
  • [サンプリング方法]で[その他]を選択し、[次へ]をクリックします
OptiSLang ワークベンチ
  • 必要なサンプルの数を選択し、「完了」をクリックします。
OptiSLang ワークベンチ

デザインポイントを同時に更新するには、ハイライト表示します パラメータセット そして右クリックしてください プロパティ

  • 更新オプションとジョブの送信を設定します。
  • コンポーネント実行モードは、各ソルバーで使用されるコアの数です。

プロジェクトを保存します。 の この時点で送信する準備ができており、約 30 分かかります (DOE を右クリックして、[更新] をクリックします)。 完成したモデルは ws2.proj に保存されます

このプロセスの設計結果は、 結果 感度タブまたは 結果のデザイン にあるタブ NPQL 「最適化」にあるタブ。