ANSYS CFX FAQs

このチュートリアルでは、実行中のCFXソルバーをコマンドラインから停止する方法について説明します。ANSYS CFX GUI の停止ボタンを押すのと同様に、停止ファイルを挿入すると停止が実行され、定常状態シミュレーションでは外側ループの反復の終わりに、過渡解析ではタイムステップの終わりにリスタートファイルが書き込まれます。

このタスクを完了するには、当社のインブラウザSSHを使用する必要があります。ジョブのステータスページに移動してください。すると、Live Tailingパネルの下に、雷鳴のシンボルが付いたSSHパネルが表示されます。SSHパネルに、サーバーのIPアドレスが表示されますので、これをクリックすると、インブラウザのSSHターミナルが起動します。このようにして、ブラウザから実行中のクラスタと対話することができます。

Rescaleのブラウザ内SSH機能の使用方法については、こちらのチュートリアルをご参照ください。

停止ファイルオプション1 – cfx5stopコマンドを使用する場合

ターミナルウィンドウに、次のコマンド(2行)を入力します。

cd workcfx5stop -directory <temp-directory>

ワークディレクトリにMultiphaseMixer_001というランがあるとします。そして、workディレクトリにMultiphaseMixer_001.dirというテンポラリディレクトリが存在することになります。コマンドは以下のようになります。

cd workcfx5stop -directory MultiphaseMixer_001.dir

ストップファイルオプション2 – ストップファイルを書き込む

ターミナルウィンドウで、次のコマンドを入力します。

touch work/<temp-directory>/stp

ワークディレクトリにMultiphaseMixer_001というランがあるとします。そして、workディレクトリにMultiphaseMixer_001.dirというテンポラリディレクトリが存在することになります。コマンドは以下のようになります。

touch work/MultiphaseMixer_001.dir/stp

オリジナルジョブからのリスタート

ストップファイルを挿入すると、.res リスタートファイルが生成され、シミュレーションの再開に使用することができます。

停止したジョブの結果ページで、リスタートファイルを入力ファイルとして利用できるようにし (下の画像を参照)、ジョブを複製することができます。新しい複製ジョブで、[Inputs] セクションの元の入力ファイルの代わりにリスタート ファイルを挿入します。

cfx faq make input file.c419917b

クローンジョブの作成後、Software Settingsセクションのコマンドに-continue-from-fileフラグを含めるように変更する必要があります。コマンドは以下の例のようになります。

cfx5solve -def second_file.def -continue-from-file first_file.res -par-dist $HOSTLIST

単一ジョブからのリスタート

2つのシミュレーションを実行するジョブを作成することができます。1つは最初の.defファイルを使ったシミュレーション、もう1つは最初のシミュレーションから生成された.resファイルを使った再スタートのシミュレーションです。このようなジョブのコマンドは以下の例のようになります。

cfx5solve -def first_file.def -par-dist $HOSTLIST

cfx5solve -def second_file.def -continue-from-file first_file.res -par-dist $HOSTLIST

一般に、複数のコマンドを実行するためには、適切なコマンドを新しい行に追加する必要があることに注意してください。さらに、プラットフォームは、すべてのコマンドを終了するまで終了しません。

  • CFX Command Language(CCL)は、ANSYS CFXの内部通信およびコマンド言語です。CFXの実行中に、クラスタ上の~/work/sharedディレクトリに一時ディレクトリ.dirが作成されます。<ファイル名>.dirには、CFX-Preのすべての設定を含むcclファイルが含まれます。ユーザーはこのファイルを編集し、cfx5controlコマンドを使用して新しい設定でソルバーを更新することができます: cfx5control -inject-commands [-no-backup].
  • 実行中は、Rescaleのブラウザ内SSHオプションを使用するか、ローカルのワークステーションからクラスタに接続することができます。クラスタへの接続の詳細については、このセクションを参照してください。
  • ~/work/shared ディレクトリにある一時的な .dir ディレクトリに移動します。このディレクトリには、ccl ファイルがあります。~/work/shared ディレクトリにある一時的な <file-name>.dir ディレクトリに移動します。このディレクトリには、ccl ファイルがあります。
ccl.db6200e9
  • 適当なテキストエディタ(viやvimなど)を使ってファイルを開いてください。cclファイルは、あなたのモデルに依存するソルバー設定のリストです。ここで設定を適切に変更することができます(注:cclは機密性の高いファイルであるため、編集時には注意が必要です)。CCLや編集可能なパラメータの詳細については、ANSYS CFXのドキュメントを参照してください。
  • viやvimを使用中に長いファイル内の文字列を検索するために/を使用することができます。例えば、最大反復回数を編集している場合、viやvimのエディタで/iterationsと入力すると、その文字列を検索することができます。これにより、この単語のすべてのインスタンスがハイライトされます。nを押すと、次のインスタンスに移動できます。cclファイルの編集が終了したら、ファイルを保存します。
ccl edit.7a933987
  • この新しいcclファイルを<ファイル名>.dirの外にコピーする。新しいcclファイルでソルバーを更新するには、以下のコマンドを使用します。CFXはcclファイルで行われたすべての変更を表示します。cfx5control .dir -inject-commands new_ccl
cfxcontrol.40c0a3f2

ソルバーを新しい設定で更新する前にバックアップファイルを作成したくない場合は、コマンドの最後に-no-backupフラグを付けます。

ANSYS CFXのジョブは、残差と.outファイルのデータをプロットするCFX Solver Managerを使用して監視することができます。ScaleXプラットフォームで実行中のCFXバッチジョブを監視するには、ユーザーは実行中のジョブをRescaleデスクトップにアタッチし、CFXソルバーが実行中に作成する一時的な.dirディレクトリをCFX Solver Managerで指定して進捗状況を監視することができます。

以下はその手順です。

  • 上部にある「デスクトップ」アイコンをクリックし、「+新規カスタムデスクトップ」アイコンをクリックします。適切なWindowsデスクトップ構成を選択します。
  • ADD SOFTWAREで、ANSYS Fluids Desktopを検索します。適切なバージョンを選択し、必要なライセンス情報を入力します。
  • ADD JOBS]で、実行中のジョブを検索し、ジョブの横にある[Add]アイコンをクリックして、ジョブを選択します。
  • 最後に、「起動」ボタンをクリックします。数分後、Rescaleデスクトップが起動します。デスクトップは、[インブラウザ]オプションまたは[リモートデスクトップ接続]のいずれかを使用して表示できます。Rescaleデスクトップの詳細については、このセクションを参照してください。
CFX desktop
  • CFX Solver Managerを開く前に、.dirディレクトリのパスを確認する必要があります。デスクトップで、attached_jobs フォルダを開き、jobs フォルダに移動します。jobs ディレクトリの中で、work > shared > .dir の順に移動します。.dirフォルダーを開いたら、次のようにパスをコピーします。
CFX Job Path
  • デスクトップ上のCFXアイコンをクリックし、CFX Launcherを起動します。CFX Launcherで、CFX-Solver Managerのアイコンをクリックします。
  • ファイル] > [実行中のモニター]を開きます。
CFX Solver Manager
  • ディレクトリ]欄に先ほどコピーしたパスを貼り付け、[選択]をクリックします。警告メッセージ(Cannot create Monitor Lock File)が表示されます。ユーザーは、[OK]をクリックしてこれを無視することができます。
CFX Solver Manager Path
  • Solver Managerにランの進行状況が表示されるようになり、反復ごとに自動的に更新されるようになりました
CFX Solver Manager Progress

ANSYS CFXには、希望する精度でシミュレーションを実行するためのオプションが用意されています。シミュレーションに必要な精度は、-doubleによるグローバルな指定と、特定のプロシージャに対する–doubleによるローカルな指定の両方が可能で、以下のように指定します。

  • CFXのデフォルト設定では、Partitioner、Interpolator、Solverが単精度版で起動します。
cfx5solve -def MultiphaseMixer.def -par-dist $HOSTLIST 
  • フラグ -double は、Partitioner, Interpolator, Solver を倍精度版で起動します。
cfx5solve -def MultiphaseMixer.def -par-dist $HOSTLIST -double
  • フラグ -solver-double は、CFX Solver の倍精度版のみを起動します。
cfx5solve -def MultiphaseMixer.def -par-dist $HOSTLIST -solver-double

注意:-solver-doubleはソルバーが倍精度のみというフラグです。単精度のパーティショナーと倍精度のソルバーの間で互換性エラーが発生する可能性があるので、慎重に使用してください。