Rescale でのカスタム コードの実行

次の方法で、MPI コードを含む独自のソフトウェアを Rescale プラットフォーム上で実行できます。
自分のものを持参 分析オプション。 これらのオプションは、 新しい仕事 Rescale プラットフォーム上で、 ソフトウェア設定を構成する オプション (このページにアクセスするにはログインする必要があります)。

以下に示す「Bring Your Own」オプションが利用可能です。

自分のものを持ち込む

選択した場合 独自の MPI ソフトウェアの持ち込み 分析タイプとして、以下に示すように MPI バージョンを選択できます。 あなたの 起動すると、選択した MPI ランタイムと開発実行可能ファイルおよびライブラリの対応するバージョンがパス上にあります。 ソフトウェアに独自の MPI ライブラリと実行可能ファイルがバンドルされている場合、それらを使用するには、忘れずに正しい MPI ライブラリと実行可能ファイルを設定する必要があります。 $PATH および $LD_LIBRARY_PATH 環境変数。 で説明されているホストファイルにアクセスできるようになります。 一般的なFAQ 実行時。

自分のフレーバーを持ち込む

  Command 行、でも指定されます ソフトウェア設定を構成するを使用すると、コマンドを呼び出したり、クラスターにアップロードしたスクリプトを実行したりできます。

自分のコマンドラインを持ち込む

コマンドまたはスクリプトはバイナリを実行したり、ダウンロード、ビルド、実行することもあります
コード。 ローカル マシンでソースをコンパイルすることを選択した場合、Linux コード
RHEL 6 とバイナリ互換性がある必要があります。Rescale ノードには、さまざまな機能が付属しています。
科学計算および並列計算のためのリソース: Java、Python、gcc コンパイラー、
MPI ライブラリ (開発ファイルを含む)、イメージング ツールなどの選択
Rescale では、カスタム ビルド スクリプトはユーザーとして実行され、ユーザーは実行しないことに注意してください。
昇格された権限を持っています。 クラスター上でコードをビルドすると、出力は
ファイル (バイナリなど) はアカウントに保存され、次の目的で使用できるようになります。
後続のジョブで使用されます。