ライセンスプロキシ – IPフォワーディング

Rescaleのお客様がRescaleの管理ページでIP転送モードを使用してライセンスプロキシを設定するためのステップバイステップのガイドです。

IPフォワーディングは、Rescaleがバッチジョブやデスクトップ用のオンプレミスライセンスにアクセスできるようにするための、迅速かつ簡単な設定方法です。これは、あるIPアドレスとポートに送られたパケットを別のIPアドレスに迂回させるというものです。これはセルフサービスのソリューションであり、一度設定すれば継続的なメンテナンスは必要ありません。

長所:

  • オンプレミスライセンスにアクセスするための最もシンプルなセットアップです。
  • RescaleライセンスプロキシーのパブリックIPアドレスが、顧客のゲートウェイ/ファイアウォールデバイスで許可リストに登録されていればよいのです。
  • メンテナンスは不要です。
  • これは堅牢なソリューションであり、トンネルが開いたままであることに依存しません。

短所:

  • 暗号化はしていません。

ユーザーの会社での役割

  • ユーザーは、IT/ネットワーク管理者である必要があります。
  • ユーザーは、ファイアウォールルールを含むゲートウェイ装置上で変更を加えることができるはずです。
  • ユーザーは、オンプレミスライセンスサーバーの管理者権限を持っている必要があります。

Rescaleに対するユーザーの役割

  • ユーザはRescaleにアカウントを持っている必要があります。
  • ユーザーのRescaleアカウントは、会社のRescaleアカウントの会社管理者である必要があります。会社管理者になるには、support-japan@rescale.com にメールを送ってください。

ライセンスの前提条件

  • ライセンスファイルは、ノードロックではなく、フローティングライセンスである必要があります。
  • ライセンスファイル内のベンダーポートを修正する必要があります。FlexLMやRLM(ANSYS, STAR-CCM+, Converge, Comsolなど)のライセンスポートを修正する方法は、ベンダーポートの修正方法を参照してください。
  • お客様の内部ネットワークのパブリックIPアドレスです。これは理想的には、ゲートウェイ/ルーター/ネットワーク機器のパブリックIPです。
    • Mac/Linuxでは、ターミナルからcurl ifconfig.meを実行すると、パブリックIPを取得することができます。
    • Windowsの場合、ターミナルからipconfigを実行します。
  • オンプレミスライセンスサーバーのホスト名。このホスト名は、ライセンスファイルから取得できます。ホスト名は、英字、数字、およびオプションでハイフンを使用した文字列である必要があります。ホスト名は、license-server.example.comのような完全修飾ドメイン名ではないことに注意してください。ライセンス サーバ マシンのホスト名を確認する方法は、次のとおりです。
    • FLEXlm – ANSYS、STAR-CCM+、ABAQUS、COMSOLなど、FLEXlm(Flexera)を使用するソフトウェアアプリケーションでは、ライセンスファイルの「SERVER」行でホスト名を確認することができます。例えば、SERVER hostname xxxxxxxxxx 1055のような行がある場合、ホスト名はhostnameです。
    • RLM – Converge や MixIT など、Reprise License Manager(RLM)を使用するソフトウェア アプリケーションでは、ライセンス ファイルの「HOST」行にホスト名を見つけることができます。たとえば、HOST hostname xxxxxxxxxx 2765 のような行がある場合、ホスト名は hostname です。
    • ライセンスをお持ちのソフトウェアと、関連するライセンスおよびベンダーポートの一覧です。
    • ライセンスポートは、上記と同じようにSERVER(FLEXlm)/HOST(RLM)行の末尾にある番号で確認できます。標準的なライセンスポートをいくつか紹介します。
SoftwareLicense port
ANSYS1055 or 2325
STAR-CCM+1999
ABAQUS27000
COMSOL1718
CONVERGE2765
LS-DYNA31010 (and no vendor port)

ベンダーポートは、ライセンスファイルの VENDOR (FLEXlm) または ISV (RLM) 行の末尾にある数字として取得できます。もし、そこに数字がない場合は、先に進む前にベンダーポートを修正するようにしてください。リンク先の記事には、ライセンスログファイルを確認することで、ベンダーポートが設定されていることを確認する方法も記載されています。

このセクションでは、Rescale管理ページでIPフォワーディングモードを使用してライセンスプロキシを設定する手順を説明します。企業管理ページでのライセンスプロキシ設定は、ライセンスプロキシページから行うことができます。

  • アカウントからRescale Adminページに移動し、ライセンスプロキシの設定を開始します
  • インテグレーション>ライセンスプロキシに移動します。
  • ライセンスプロキシを追加を選択
  • 以下のスクリーンショットのようなページが表示されます。
ip allowlisting instructions.f25ff085
  • ライセンスプロキシにユニークな名前を付けます。
  • ライセンスプロキシモードとしてIPフォワーディングモードを選択します。
  • ここで、ライセンスホスト名セクションにIPアドレスホストネームを追加します。
    • 公開IPアドレスとホストネームの調べ方については、上記のとおりです。
    • ホスト名は完全修飾ドメイン名ではなく、ピリオド(.)
  • Software(s)のドロップダウンから、ライセンスプロキシーを設定するソフトウェアを選択します。ソフトウェアセクションで設定するすべてのソフトウェアを選択してください。例えば、COMSOL Multiphysics をバッチで使用し、さらに COMSOL Multiphysics GUI を Rescale Desktop で使用する場合、ソフトウェアの項目で COMSOL Multiphysics と COMSOL Multiphysics GUI の両方を選択する必要があります。次に,各ソフトウェアについて
    • License Portを設定します。このポートは、ライセンスをチェックアウトする際にジョブが参照するポートです。これは、ライセンスサーバマシン上のオンプレミスアプリケーションによって使用されているライセンスポートです。
    • Vendor Port を入力します。このソフトウェアアプリケーションで使用するベンダーデーモンポートです。
    • FlexLMまたはRLMライセンスサービスのライセンスおよびベンダーポートの検索方法については、上記を参照してください。
    • LS-DYNAのようにLSTCやDynamoreのライセンスサービスを利用するアプリケーションでは、Vendor portは必要ありませんので、Vendor portの項目は空欄で結構です。

詳細設定

  • また、以下のようにライセンスホストセクションの右下にある小さなトグルアイコンで詳細設定を行うことができます。
advanced settings.ab2a23fe
  • この設定は、複数のソフトウェア・アプリケーションをオンプレミスの異なるマシンでホストしているが、同じポートを使用している場合に使用できます。このような場合、それぞれのオンプレミスマシンにマッピングするプロキシポートを異なるものにし、ソフトウエアの一覧からそれらのソフトウエアを選択することができます。

追加ポートの指定

  • このオプションは、アプリケーションが単一のライセンスポートを使用しているが、複数のベンダーポート(PowerFLOWなど)または複数のライセンスポート(ANSYSなど)を使用している場合にも使用することができます。以下のように、+ Specify an additional license port オプションを選択し、ソフトウェアの複数のベンダーポートまたはライセンスポートを追加することができます。
specify additional port.4b154152

別のライセンスサービスを指定する

  • 複数のライセンスサービスが1つのホストでホストされており、同じホストに追加のライセンスサービスを接続したい場合は、以下に示すように+ Specify another license serviceオプションを選択し、同じポート情報を追加することができます。
specify another host.bee9c545

このProxyを他のライセンスホストに接続する

  • ホスト名とIPが異なるライセンスサーバー上でオンプレミスでホストされているアプリケーションを追加で接続したい場合は、以下のように+Connect this proxy to another on-premise license hostオプションを選択することが可能です。
add additional on prem host.63440512
  • すべての設定が完了したら、ライセンスプロキシページの下部にあるライセンスプロキシを起動ボタンをクリックします。
  • すると、以下のような画面が表示されます。
proxy launch statusip.fc4efd58
  • プロキシが起動すると、ライセンス プロキシ ページの上部に ステータスInfoセクションが表示されます。ステータスセクションには:
  • Proxy:ライセンスプロキシが正常に起動したかどうか。このステータスが緑でUPと表示されている場合は、プロキシが正しく起動されたことを示しています。
  • 最終更新時:最後に保存した変更が正常に保存されたかどうかです。緑色でSUCCESSFULと表示されている場合は、前回の同期が成功したことを示しています。
  • 接続:そのIPとポートでリッスンしているアクティブな接続がある場合、緑色でACTIVEと表示されます。

注: ステータスセクションのステータスが黄色または赤で表示された場合、最後の同期が成功しなかったか、プロキシにアクティブな接続がないことを示します。このような場合、support-japan@rescale.com までご連絡ください。

  • Info – このセクションには、ライセンスプロキシのパブリックIPが表示されます。このIPは、Rescaleライセンスプロキシからオンプレミスライセンスサーバへのインバウンドを許可するために、インターネットゲートウェイ/ファイアウォールにallowlistされている必要があります。これにより、Rescaleでアプリケーションを送信する際に、ライセンスをチェックアウトできるようになります。オンプレミスゲートウェイ/ファイアウォールにこのIP(ライセンスプロキシのパブリックIP)が登録されていない場合、Rescaleで送信されたジョブはライセンスをチェックアウトすることができません。
status info ssection.fdccd936

ライセンスプロキシ設定ページですべての設定が正しく行われると、ジョブの実行とライセンスのチェックアウトができるようになります。

接続をテストし、行った設定が正しく設定されたかどうかを確認する。

  1. 会社のライセンスプロキシページのライセンスホスト名セクションにあるCheck License Availabilityボタンをクリックすると、すべてのライセンス機能と利用可能なライセンスシート数が表示されます。
check license availability.4dc77dd4

:現在、Check License Availabilityは、ANSYS, STAR-CCM+, ABAQUS (Flex), LS-DYNA などの FlexLM と Dynamore (LSTC) タイプのライセンスサービスを使用しているアプリケーションの状況のみ表示されます。RLMライセンスソフトウェア(Converge、MixITなど)やDSLSタイプのライセンスサービスが設定されている場合、Check License Availabilityには何も表示されません。

  • FlexLMまたはRLMタイプのライセンスサービスにおいて、Check License AvailabilityThe license server is down or not responding”と表示された場合、次のことを意味します。
    • ライセンスプロキシのパブリックIPが、ゲートウェイ装置でインバウンドトラフィックを許可するようにallowlistedされていないこと、または、ライセンスプロキシのパブリックIPが、ゲートウェイ装置でインバウンドトラフィックを許可するようにallowlistedされていないこと。
    • オンプレミスライセンスサーバーがアクティブでないか、オンプレミスライセンスサーバーで現在提供されているライセンスプロセスがアクティブでない。IT/ネットワークまたはライセンスサーバー管理チームに連絡して、ファイアウォール設定またはライセンスサーバーの状態を確認してください。
  1. Rescaleのアカウントにログインしてサンプルジョブを送信する
  2. ページ左上の+New jobボタンをクリックして、新しいジョブを作成します。ソフトウェアセクションで必要なソフトウェアを選択し、下図のようにUse Existing Licenseオプションを選択します。
provide existing license.be2717c6

適切なフィールドにport@hostnameを入力します。例えば、ライセンスプロキシにANSYSソフトウェアを設定し、ライセンスポートが1055である場合、1055@hostnameを入力し、Check availability ボタンをクリックします。ライセンスプロンプトでは、Check Availabilityボタンをクリックすることにより、ライセンス設定で指定したライセンスサーバのアドレスがRescaleプラットフォームから到達可能であるかどうかを即座に確認することができます。また、お客様のライセンスで利用可能なすべてのライセンス機能と関連するライセンスシートが表示されます。