Performance Profiles

Performance Profilesは現在パブリックベータ版で、どのお客様にもご利用いただけます。アクセスについては、Rescaleの担当者にお問い合わせください。

概要

このページでは、パフォーマンスプロファイルの使用方法について説明します。パフォーマンスプロファイル機能を利用するには、組織管理者から明示的にアクセス権を取得する必要があります。

パフォーマンスプロファイルでは、1つのワークロードを使用して複数のジョブを(異なるハードウェアで)実行し、どのアーキテクチャがワークロード固有の価格とパフォーマンスで最も優れているかをベンチマークすることができます。

パフォーマンスプロファイルがなければ、ハードウェアの選択について盲目的に直感に従うか、スプレッドシートを使用してアドホックなベンチマークを実行する必要があります。パフォーマンスプロファイルを使用すれば、エンジニアリングリーダーは、セルフサービス方式でベンチマークを実行し、コスト対時間のグラフにプロットすることができます。

パフォーマンスプロファイルを使用するメリット

パフォーマンスプロファイルを使用すると、ベンチマークをシームレスに実行できるようになり、次のようなメリットがあります。

使用例パフォーマンスプロファイル付きベネフィット
最適化されたテンプレートプロファイル構成を既存のテンプレートに設定し、様々なCoreTypesとコア数で実行するだけです。新しいテンプレートを組織全体に適用することで、スピードアップやコスト削減が可能
一般的なワークロードに最適なCoretypeを見極める同じCoreTypesに対して複数のProfileを実行し、どのCoreTypeが優位に立つかを比較します。コストと時間のどちらで最適化するかは、パレート戦線のインフラを探します。スタックを簡素化し、時間やコストの最適化など、特定のワークロードに最適なCoreTypeを選択できる。
特定の作業負荷に対して最も安価なCoretypeを探すプロファイル構成を前または将来のジョブとしてロードし、さまざまなCoreTypesとコア数で実行し、左下方向に傾いているインフラを探すどのインフラが最も安いコストになるかを知ることで、最終的に計算コストを削減することができます。

Performance Home

パフォーマンスのホームページでは、新規および既存のプロファイルを表示、管理、設定することができます。

プロファイルは、複数のアーキテクチャに対するベンチマークに使用する特定のワークロードを表します。したがって、測定する変数の数を減らし、特定のアーキテクチャが与えられたワークロードに対してどのように動作するかを正確に表現することができます。

利用可能なパフォーマンスフィルターは以下の通りです。

  • All Profiles
    • マイプロフィールと共有プロフィール
  • My Profiles
    • 作成したプロフィール
  • Shared Profiles
    • 共有されているプロフィール
  • Archived Profiles
    • アーカイブしたプロフィール

プロファイルには6つのカラムが用意されています。

  • Name
    • 与えられたプロファイル名
  • Runs
    • このプロファイルに対して実行されたインフラストラクチャ・ベンチマークの数
  • Last Updated
    • プロファイルで最後にベンチマークが実行された時間
  • Description
    • 指定されたプロファイルの説明
  • Profile Configuration
    • プロファイルを作成するために使用されたテンプレートまたはジョブの名前
  • Shared
    • プロフィールを共有した人、またはプロフィールを共有した人

カラムとフィルタの管理

パフォーマンス・ホームページで、(…)アイコンを選択すると、フィルターとフィルターのカラムヘッダーをカスタマイズすることができます。

DeaiM7ERRzu2ezv4A1r319F67AcLPLv 3DCXNveJ 0GNfKokAwudCoXo6MXE0 aSXdVv2LwsRwtx09

パフォーマンスプロファイルの設定

新しいプロフィールを作成するには、パフォーマンス・ホームページの左上から「New Profile」を選択します。新規プロファイルを選択すると、白紙のパフォーマンスプロファイルが表示されます。

Jip4vMh6sdlFhrQPA2rqtxmNQJLPr9ftwcJarY8FnHWlx4Dv5nJ9IItGvnAz6TKI6Qp5IlR0TDi5I hhCrHFBBchduEi06MD 3H9LoFV

パフォーマンスプロファイルの命名

まず、このパフォーマンスプロファイルが何であるかを理解できるように、このパフォーマンスプロファイルに説明的な名前を付けます。名前を変更するには、「Untitled Performance Profile」をクリックして固有の名前を付け、緑色のチェックマークを押して選択を確定します。

L1la41dOscr2wju6A8wz LcWHWpc99J 85 yIHnUAdXjlxUn5FwzBT4InPSpEdCeHpiUMQVfJHaGcLOXnLV gDuiefWXeOn6KlAzQMmOu3N kYhvmydHQgxuFs9 E DG66qojH8Tzc7kgSLi Q

プロファイルの構成を選択する

次に、プロファイル構成を選択します。「構成の選択」をクリックします。すると、ドロワーが開き、以下の中から設定を選択することができます。

  1. Templates
  2. Jobs
u4cCOKJe4MVMcnqz2eOTgLG L3WrluT a44cEY1J4QUF9wEsVd7dX0Yv65QF b3z8LG oZo97iYsPzA4QeOIuqLC5w0ZEP4O0mY1 vJYveWSO 7GeVFb aN9YMSAoa2OfetMAMJMHXADVeOYqg

最初のベンチマークを実行した後は、プロファイル構成を変更することはできませんので、ご注意ください。

インフラを追加する

プロファイル構成を選択した後、インフラストラクチャを追加する必要があります。これを行うには、インフラストラクチャの追加をクリックするか、表から追加ボタンをクリックすると、ハードウェアを選択できるドロワーが表示されます。

各項目のチェックボックスを選択し,コア数を選択することで,必要なハードウェアを選択することができます.何を選択したらよいかわからない場合は,このドロワーにリンクされている CoreType Explorer で CoreTypes を比較することができます.

DZwjqjTHN0EZhOPvS7JcGgXwIv92Y 5FBla78y5H18GQfe 2y6HtMBI4gFl NubD2J8t6I0STOLEawPoOjE uSNwEL5uk4WesXMxGpSI7xIBibtR8n9ml0WKw O6mIW5n lcyUGUM

ハードウェアを選択したら、「追加」をクリックします。

R113woZyPdgNH9DSSI1CbCKkcm1sYl60RwZ4Tj0pMw DEYGyAab7hVN7eJso tKbIlU9xf7QyqRgXn2TvfyDXkR5SPFoiJkuQ4G7LTGt5f5e

ハードウェアの追加を忘れた場合や、同じハードウェアを異なるコア数で動作させたい場合は、「追加」をクリックしてハードウェアを追加選択することができます。

セレクションを見直す

プロファイルをキックオフする準備はほぼ整いました。ハードウェアの選択内容を確認し、正しいハードウェアとコア数であることを確認します。準備ができたら、[Run]ボタンをクリックして、すべてのPending Hardware Benchmark Runをキックオフします。

あとは、ベンチマークが終了するまでのんびり待ちましょう。戻ってきたら、グラフで確認することができます。

パフォーマンス・プロフィールの見直し

ベンチマークの実行が確定すると、グラフと表の両方で結果を確認することができるようになります。

パフォーマンスプロファイル表

この表には、すべてのハードウェアベンチマーク実行のリスト、現在のステータス、実行時間、およびコストが表示されます。この表から、完了した実行の詳細を確認することができます。

なお、実行時間のデフォルトは実行時間のみで、Rescaleでは前提条件、開始、停止などにかかる時間は除外されている。コストは、ハードウェアとソフトウェアの両方の総コストを反映しています。

aiUDI0S7xDGZN0jXWHqFaNLLQw0rXmUSPFKOFfSU eYjvVLBltagKJI4KC5dsjgMYfnRlJDRLKEK030g7HXKASUNnPaEzBwDJ A8RWFsDM5ZPNmGN7wKSw2o1RrDCesJTzBt0lYdhV5Yt

グラフと表の両方から削除したい異常値がある場合は、そのハードウェアベンチマークの横にあるチェックボックスをクリックし、[Delete]をクリックします。

追加]をクリックすると、いつでもプロファイルに追加のインフラストラクチャを追加でき、この新しいベンチマークを実行する機会が与えられます。実行]をクリックすると、新しく追加されたベンチマークのみが実行され、以前のベンチマークは実行されません。

sMvQam6NwDLSfLRT51ubcRgzqsF7 vqmSY1U UV naDaq ETkcnxz5z0NoWgdEeXM2fWU7AHEu4ox rSmfsy8Ohfb5uPL UsOAXfKLPh78ozh2pICn2Iv sxnGE3 MTEz7gUnCWHELI MbfKQ

パフォーマンスプロファイルグラフ

グラフは、コストと解決までの時間のベンチマークをプロットしたものです。

Q 7QwmaxKm10G8U98T7uvM8eQUgjVor0WuEYTwKDrd5 0OZF0apiQHch W726C78H04wVwlFHlf4KynjF5hyoTlyEyaarIeot5RQtB1ZmaYCSh OwbtEUUWcvv ZC3q2UgsdWxiPVRW sXLw w

ベンチマークをハイライトすると、ベンチマークにかかる時間やコストが表示されます。

ベンチマークを評価する際には、グラフの左下隅にあるバランスの取れたハードウェアを見つけることをお勧めします。より複雑なベンチマークや要件では、常にパレートフロント上のベンチマークを見て、最も効率的なハードウェアを選択することをお勧めします。

説明文を追加する

どのハードウェアの性能が最も良かったのか、このプロファイルの目的は何なのかを追跡できるように、説明を追加することをお勧めします。これを行うには、(+)をクリックして説明を表示します。

5ecEO HIpmmivG7JnwDA8DxElkakWulAhEUh9j2 vko anJJ4Jp7hRyxWbWaoK8bXDAWKITK

ランタイムメトリクスの定義の変更

デフォルトでは、実行時間は実行時間のみとして定義されます。つまり、Rescaleは前提条件、開始、停止などに費やされた時間を除外するのです。

Run TimeをTotal Run Timeに切り替えるオプションがあります。Total Run Timeは、ジョブの実行にかかる合計時間(開始、停止などを含む)として定義されます。

実行時間計測を変更したい場合は、ポリシー > プラットフォームの設定 > パフォーマンス > 実行時間計測に進みます。

image 10