FLOEFD の例

概要

Simcenter FLOEFD ソフトウェアは CFD のパワーを発揮します あなたの手の中に。 NX、Creo、CATIA V5、または Solid Edge で直接使用して、設計プロセスを中断することなく、アイデアの可能性を最大限に迅速に探求できます。 ジオメトリや境界条件の変更が結果に及ぼす影響を簡単に理解し、what-if 分析を迅速かつ頻繁に実行し、好みの範囲内で洞察力に富んだレポートを生成します。 CAD プラットフォームを提供します。

Rescale の ScaleX プラットフォームは、多くのコアで FLOEFD シミュレーションを便利に実行して計算時間を大幅に短縮し、仮想デスクトップによる後処理を通じてクラウド上のワークフローを合理化する可能性をもたらします。 次の例では、固体内の熱伝導を含む流れ解析問題を解決します。

Simulation Code Simcenter FLOEFD 2020.2
Analysis Type共役熱伝達 (CHT) シミュレーション
説明電子デバイス内の流れと熱伝導のシミュレーション
Suggested HardwareEmerald / 8 cores
Commandrun-FloEFD.sh /m /s /processors:$RESCALE_CORES_PER_SLOT /config:CHT/CHT.xmlconfig
Estimated Run Time5 minutes

コマンドオプションの説明:

run-FloEFD.sh [/m] [/s] [/continue] [/processors:#] /config:”<path to xmlconfig>”

場所

<path to xmlconfig> への絶対パスまたは相対パスです。 <project name>.xmlconfig ファイルはプロジェクトフォルダーにあります。

/m プロジェクトの計算メッシュを作成します。

/s すでにメッシュ化されているプロジェクトを実行します。

/continue の時点から計算を続行します。 止められた。

/processors:# 計算に使用するプロセッサまたはプロセッサ コアの数を指定します。 デフォルトでは、プロセッサの数は 1 です。使用可能なすべてのプロセッサまたはプロセッサ コアを使用するには、次のパラメータを指定します。 /processors:max.