デスクトップセッションのセットアップ

概要

このトピックでは、Rescale デスクトップの使用方法について説明します。 Rescale 内から、GUI アプリケーションを実行するためのデスクトップをセットアップでき、選択したソフトウェア、オペレーティング システム、ジョブ、プロジェクトを使用してカスタマイズされたリモート デスクトップを作成できます。

デスクトップの実行
図 1: アクティブなデスクトップ

デスクトップ機能にアクセスするには、Rescale アカウントにログインします。 Rescale アカウントをお持ちでない場合は、ここでアカウントを作成できます。 リスケールのサインアップ。 てください。 Rescale Support にご連絡ください。

デスクトップの作成

デスクトップセッションのセットアップを続行するには、 デスクトップ タブを選択 + 新しいデスクトップの作成.

新しいデスクトップ

次に、デスクトップに名前を付け、そこで実行するソフトウェアの種類を選択します。 このチュートリアルでは、ParaView GUI を使用します。 

注: ソフトウェアを選択すると、 Hardware 以下のセクションは自動的に更新され、実行したい作業と互換性のあるハードウェアのみが提供されます。

この時点で、既存のジョブをデスクトップに追加できます。 これらのジョブの入力ファイルと出力ファイルはデスクトップで使用できるようになります。

最後に、使用するハードウェアを選択し、適切なウォールタイム制限を設定します。

選択したら、 をクリックします。 起動する そしてセッションが始まります。 通常、これには数分かかります。以下にその内容を示します。 デスクトップのセットアップ ページは次のようになります:

カスタムデスクトップ

デスクトップに接続する

一度 が開始されたら、ブラウザ内またはローカル マシン上のクライアント経由で接続できます。

ブラウザ内で接続する

多くの場合、ブラウザ内での接続は最も労力がかからない接続ですが、提供されるデスクトップ セッションの解像度は低くなります。 ブラウザ内で接続するには、 お問合せ 以下に示すように、ボタンが表示されたら、ボタンをクリックします。 OS がインストールおよび更新され、Rescale ランタイムが構成されると、このメッセージが表示されます。

あなたが お問合せ ボタンをクリックすると、ブラウザで直接リモート デスクトップを使用できます。

ブラウザ内

クライアントとつながる

自分のコンピュータ上のクライアントに接続すると、ブラウザ内接続よりもはるかに優れたグラフィックスが提供されますが、もう少しセットアップが必要です。 このプロセスは Windows デスクトップと Linux デスクトップでは大きく異なりますが、どちらの場合も、これらは Windows デスクトップに必要なポートです。 可視化:

RDP: Port 3389
VNC: Port 5900/5901
DCV: Port 8443

会社がこれらのポートのいずれかを通過するトラフィックを許可していない場合、デスクトップ視覚化のその方法は機能しません。

コンピュータ上のクライアント経由で Wi​​ndows デスクトップに接続する手順は次のとおりです。

  1. クライアントをダウンロードします。 推奨されるオプション:
    • GPU アクセラレーションをサポートしているため、ほとんどの場合、NICE DCV が推奨されます。 ダウンロードできます ここ.
    • Microsoft リモート デスクトップ アプリケーション (RDP)。 のために 、Mac 用 Microsoft リモート デスクトップ (ダウンロード) または Remmina for Linux (ダウンロード).
  2. の横にあるドロップダウンをクリックします お問合せをクリックし、使用する予定の接続方法 (DCV または RDP) を選択し、その手順を展開します。
デスクトップに接続
  1. ソフトウェアの制限をクリック 新しいパスワードを生成.
  2.  ダウンロードファイル 選んだクライアントのために。
  3. ファイルをダブルクリックして開きます。 手順 3 で生成したパスワードを入力するように求められます。大文字と小文字が区別されることに注意してください。 Windows ユーザーのサインイン ページでも同じパスワードが使用されます。

Linuxデスクトップ

NICE DCVとの接続(推奨)

  1. NICE DCV をダウンロード (ここ).
  2. ソフトウェアの制限をクリック 新しいパスワードを生成.
  3.  ダウンロードファイル 選んだクライアントのために。
  4. ファイルをダブルクリックして開きます。 手順 3 で生成したパスワードを入力するように求められます。大文字と小文字が区別されることに注意してください。 同じパスワードをユーザーのサインイン ページで使用することができます。

SSHトンネルとVNC経由で接続する

  1. 選択した VNC クライアントをダウンロードします。 Real VNC は優れた (無料の) サンプルです (ダウンロード).
  2. SSHトンネルを設定します。
    1. ユーザー プロファイルに SSH キーが設定されていることを確認してください。 指示に従ってください ここ.
    2. 適切なシェル スクリプトをダウンロードします。Unix に似たもの (Mac を含む) には Linux オプションを使用し、Windows には Windows オプションを使用します。
    3. シェル スクリプトを実行し、バックグラウンドで実行し続けます。
  3. 接続ファイルをダウンロードします。
  4. ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてトンネルに接続します。
  5. パスワードを生成し、それを入力してデスクトップにアクセスします。

これで、リモート デスクトップが表示されるはずです。 ターミナルを使用して、次の実行可能ファイルに移動し、起動します。 /program/ ディレクトリにあります。

次のステップ

デスクトップ セッションをセットアップしたら、次のトピックを参照して、デスクトップをさらに構成する方法の詳細を確認できます。

  • 見る ソフトウェアとジョブの追加/削除 Rescale でサポートされているソフトウェアを追加および削除する方法、およびデスクトップにジョブを追加および削除する方法を学習します。
  • 見る ファイル転送 アクティブな Rescale デスクトップ セッションと Rescale クラウド ファイルの間でファイルを適切に転送する方法を学習します。
  • 見る 可視化例 デスクトップ機能を使用して Rescale でリモート視覚化を実行する方法を学習します。